メインメニューを開く

季子女王(すえこじょおう、1898年明治31年〉11月2日 - 1914年大正3年〉7月17日)は、日本皇族閑院宮載仁親王第三王女。母は三条実美公爵令嬢・智恵子腎臓病によって15歳で夭折した。

季子女王
季子女王.jpg
続柄 閑院宮載仁親王第三王女
身位 女王臣籍降嫁
敬称 殿下 → 臣籍降嫁
出生 1898年明治31年)11月2日
日本の旗 日本東京府東京市
死去 (1914-07-17) 1914年7月17日(15歳没)
東京都麹町区永田町 閑院宮邸
父親 閑院宮載仁親王
母親 載仁親王妃智恵子
テンプレートを表示

目次

経歴編集

栄典編集

脚注編集

  1. ^ 女王殿下を偲び奉りて『をりをり草』跡見花蹊 著 (実業之日本社, 1915)
  2. ^ a b c d e f g h i 『官報』第589号、「宮廷録事」1914年07月17日。
  3. ^ a b c d 『官報』第594号、「宮廷録事」1914年07月23日。
  4. ^ 『官報』第592号、「宮廷録事」1914年07月21日。
  5. ^ 『官報』第589号、「叙任」1914年07月17日。

外部リンク編集