季弘 大叔(きこう だいしゅく、1421年9月21日応永28年8月25日)- 1487年8月25日長享元年8月7日))は、室町時代中期の臨済宗である。諡号は蔗軒、蔗庵、竹谷等。

経歴・人物編集

備前の生まれ。9歳の頃に上洛し、東福寺竹庵大縁の門人となり剃髪する。1467年応仁元年)に大和華厳宗及び法相宗の講義を学んだ。1474年文明6年)京都に戻り、雲章一慶勝剛長柔らに朱子学浄土宗を教えた。

同年には出家した東福寺の塔主となり、後に和泉にある海会寺の住職となった。その後再度京都に戻り、1480年(文明12年)東福寺の第174世住職となったが、翌年病により再度海会寺に戻った。1484年(文明16年)には南禅寺の住職にも認定されるが、再度病により辞退した。晩年には当時の臨済宗の僧侶らと多く交流し、禅僧の生活等を講義した。

主な著作物編集

  • 『蔗軒日録』
  • 『蔗庵遺稿』

出典編集