季漢輔臣賛』(きかんほしんさん)は、241年延熙4年)、蜀漢(蜀)楊戯により著された、蜀漢を支えた人物を讃える書物。『蜀書』(『三国志』)第15巻「楊戯伝」(「鄧張宗楊伝」)に付随して収録されたため、散逸を免れており、現在でも全文を読むことができる。

「季漢」とは「末っ子の」という意味であり、劉備が建国した蜀漢の事である。蜀漢は漢王朝の正統を自認していたため、通常は「漢」と称したが、それまでの王朝(前漢後漢)と区別する際には「季漢」を用いた。

概要編集

『季漢輔臣賛』は、蜀漢を支えた人物を讃える書物である(ただし、孫権に降った糜芳士仁郝普潘濬は例外である)。蜀の滅亡は本書の成立から22年後の263年炎興元年)であるので、本書成立時に存命中の人物(評価の定まっていない人物)については記載されていない(例:蒋琬費禕譙周姜維劉禅など)。

本書で挙げられる人物には『蜀書』に伝記の無い人物もいる。陳寿は『蜀書』に本書を収録するに当たり、伝記を設けなかった人物に対して簡単な説明文を加えた。後に裴松之が『三国志』に注を付けた際、さらに補足が加えられた。

陳寿が『蜀書』に本書を収録したのは、本文の補足であると共に、故国への特別な思い入れによる編集といわれている。

掲載されている人物編集

登場順。役職や連名になっている者は、ちくま学芸文庫版の原文通り。太字は陳寿が説明を補足した人物。

  1. 昭烈皇帝(劉備)
  2. 諸葛丞相
  3. 許司徒
  4. 関雲長張益徳
  5. 馬孟起
  6. 法孝直
  7. 龐士元
  8. 黄漢升
  9. 董幼宰
  10. 鄧孔山
  11. 費賓伯
  12. 王文儀
  13. 劉子初
  14. 糜子仲
  15. 王元泰何彦英杜輔国周仲直
  16. 呉子遠
  17. 李徳昂
  18. 張君嗣
  19. 黄公衡
  20. 楊季休
  21. 趙子龍陳叔至
  22. 輔元弼劉南和
  23. 秦子勅
  24. 李正方
  25. 魏文長
  26. 楊威公
  27. 馬季常衛文経韓士元張処仁殷孔休習文祥
  28. 王国山李永南馬盛衡馬承伯李孫徳李偉南龔徳緒王義彊
  29. 馮休元張文進
  30. 程季然
  31. 程公弘
  32. 糜芳士仁郝普潘濬

最後の行の4名に関しては、役職やで書かれていない。ちくま学芸文庫の注釈では「国家への裏切り者に対する、陳寿の気持ちの表れ」と説明されている。だが、この4名のうち潘濬については、呉書において立伝されており、その中で陳寿は彼に対して「大丈夫として最高の仕事を成し遂げた。」と最大級の評価を与えている。

補足された人物編集

陳寿が補足で紹介した人物編集

『季漢輔臣賛』の本文には無く、陳寿が『蜀書』に『季漢輔臣賛』を収録するにあたり補足で紹介を加えた人物である。

上記の他、殷孔休については「先主伝(劉備伝)に記述がある」と補足されている。衛文経、韓士元に関しては「詳細不明」として、伝記を設けなかった理由を述べている。

裴松之が補足した人物編集

参考文献編集