メインメニューを開く

学園東大通り(がくえんひがしおおどおり)は、筑波研究学園都市都市計画道路の通称。筑波研究学園都市を南北に縦貫する主要な幹線道路である。

Japanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 5.svg
茨城県道55号標識
国道408号標識
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 4.svg
茨城県道24号標識
学園東大通り
路線延長 17.1 km
起点 茨城県土浦市中村南
学園東大通り入口交差点
終点 茨城県つくば市田中
田中交差点
接続する
主な道路
記法
学園西大通り学園北大通り学園中央通り国道408号学園南大通り国道354号国道6号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
学園東大通り(並木一丁目・千現二丁目)
日本の道100選」顕彰碑

目次

概要編集

一般に、土浦市国道6号・学園東大通り入口交差点からつくば市国道125号・田中交差点までを指す大通りで、つくば市内における都市計画道路の路線名は「研究学園都市計画道路 3・2・1号 学園東大通り線」である。主につくば市(筑波研究学園都市)内の道路であるが、起点付近は土浦市内にあり、「土浦・阿見都市計画道路 3・4・20号 阿見学園線」になる。筑波研究学園都市の最も大きな主要幹線道路のひとつで、南北に長い「学園都市東側を貫く道路」から名付けられた[注釈 1]

人間優先の都市計画の概念に基づき、研究施設・大学ガソリンスタンドなど一部の施設を除き、道路沿いの施設に車が直接入ることはできず[1]、脇道より進入するような構造になっている。そのため信号数を抑えることができた。 学園中央通り学園西大通り土浦学園線学園北大通り学園南大通りと共に整然とした格子状の幹線道路網を形成する。

路線データ編集

路線状況編集

中心部の幅員は50 m、4 - 6車線で自転車歩行者道路、自動車道および緑地帯が設けられている[2]。学園北大通りから学園南大通りまでの区間は6車線で、それ以外の部分は4車線である。ただし6車線区間でもっとも歩道寄りの車線は主要交差点では左折専用である。

道の両側にある植樹帯には、四季折々の季節感を持たせた木々が植えられており、特に長さ9 kmにおよぶトウカエデの並木は10月下旬に紅葉の見ごろを迎える。また築山が築かれるなど、庭園的な雰囲気を持つ[2]

1987年昭和62年)に大角豆交差点(国道354号) - 東前野の15.8 kmは、建設省と「道の日」実行委員会により制定された「日本の道100選」に選ばれ、つくば市吾妻1丁目に顕彰碑がある[2]。また、読売新聞社選定の「新・日本街路樹100景」(1994年)のひとつにも選定されている[3]

主要接続路線編集

地理編集

沿線には研究機関が集中しており、素粒子研究の先端を行く高エネルギー加速器研究機構防災科学技術研究所筑波大学国立科学博物館筑波実験植物園宇宙航空研究開発機構筑波宇宙センター、国内最大の公的研究機関である産業技術総合研究所などがある[2]筑波大学筑波キャンパスには約3kmの区間にわたって接しており、進入のための交差点が2箇所ある。 筑波研究学園都市中心部から学園東大通りを北上すると、国道408号と重複し、右手目前に関東の名山として知られる筑波山を雄大に望むことができる[2]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 同じく筑波研究学園都市を南北に縦貫する道路に、学園西大通りと牛久学園通りがある。

出典編集

  1. ^ 車両の出入口設置を禁止する箇所の指定(平成10年3月26日 茨城県告示第321号) (PDF) ,茨城県報第943号(1998年(平成10年)3月26日)p.17 より
  2. ^ a b c d e 「日本の道100選」研究会 2002, pp. 50-51.
  3. ^ 浅井建爾『道と路がわかる辞典』日本実業出版社、2001年11月10日、初版、127頁。ISBN 4-534-03315-X

参考文献編集

  • 「日本の道100選」研究会『日本の道100選〈新版〉』国土交通省道路局(監修)、ぎょうせい、2002年6月20日。ISBN 4-324-06810-0

外部リンク編集