メインメニューを開く

学天即(がくてんそく)は吉本興業よしもとクリエイティブ・エージェンシー)所属のお笑いコンビ。2005年9月結成。THE MANZAI 2011・2013・2014ファイナリスト。

学天即
メンバー よじょう
奥田修二
結成年 2005年9月
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期 2005年 -
出身 オーディション
影響 笑い飯麒麟
出会い 中学校
現在の活動状況 テレビ・ライブなど
芸種 漫才
ネタ作成者 両者(主に奥田修二[1]
現在の代表番組 よしもとラジオ高校〜らじこー
過去の代表番組 ソガのプワジ
もってる!? モテるくん
同期 GAGトットタナからイケダ ほか
公式サイト 公式プロフィール
受賞歴
平成25年度 NHK新人演芸大賞 演芸部門大賞
第49回上方漫才大賞 新人賞
第4回ytv漫才新人賞 優勝
第50回上方漫才大賞 奨励賞
テンプレートを表示

目次

メンバー編集

  • よじょう(本名および旧芸名:四条 和也(よじょう かずや、結成 - 2017年12月31日)、旧芸名:つくね(2018年1月1日 - 9月30日)、 (1981-07-30) 1981年7月30日(38歳) -)ボケ担当・立ち位置左。
    • 兵庫県宝塚市出身。宝塚市立安倉中学校兵庫県立宝塚高等学校関西大学社会学部卒業。中学・高校時代はバスケットボール部所属。兄と妹がいる。
    • 血液型O型。身長169cm。体重58kg。足のサイズは23cm。
    • 元々教師を志していたが、教育実習で当時荒れていた母校の中学校に行った際、1年生のヤンキーにカツアゲされて怖くなり、嫌になった。中学校・社会科と高校・地理歴史の教員免許を所持している[2]
    • 約8年間、茶道裏千家)の経験がある[3]
    • 顔色が悪いことを漫才のネタにされている。かなりの無気力で無口。
    • 「四条ハンター」が存在し、いろんな芸人のブログでその被害を目にすることができる。
    • 天然パーマである。
    • 酒に強い。米・小麦・よもぎアレルギー[4]
    • 父親はプロボクサー[5]で、自ら考案したギャグの動画が定期的に送られており、単独ライブなどで披露されている。
    • 奥田とは対照的に、アイドルに一切興味はなかったが、ご当地アイドルを取り上げたラジオ番組『茶屋町アイドルプラザ』のMCを担当し、同番組で共演したことを機に、当時バクステ外神田一丁目のメンバーだったADなぎさ(2015年9月卒業)推しとなった。
    • 2014年12月22日、6年間交際していた一般女性と入籍[6]
    • よしもとラジオ高校〜らじこー』のコーナー・「四条先生がんばる シーズン2」がキッカケとなり、眉サロン・歯のホワイトニング・日焼けサロンに通い始めた結果、3年以上なかった夜の営みに至るなど、妻との関係が回復した[7]
    • 2016年7月26日放送の『よしもとラジオ高校〜らじこー』で、「四条先生と大喜利対決」のコーナーにゲスト出演した山田涼介Hey! Say! JUMP[8]が罰ゲームで四条が着用していたTシャツの左胸に付いていたエンブレムを取った[9]が、後日山田本人から番組にお詫びの手紙とともにポロシャツが贈られた[10][11]。この対応に感激して「とびっ子(Hey! Say! JUMPファンの呼称)」宣言をした上、Hey! Say! JUMPファンクラブにも入会し[12]、2017年12月9日開催の「Hey! Say! JUMP I/Oth Anniversary Tour 2017-2018」京セラドーム大阪公演を観覧[13]。また『関ジャニ∞のジャニ勉』での共演経験がある関ジャニ∞のファンクラブ・関ジャニ∞ with EIGHTERや『週末応援ナビ☆あほやねん!すきやねん!→学校再発見バラエティー あほやねん すきやねん』で重岡大毅との共演経験があるジャニーズWESTのファンクラブにも入会し、コンサートを観覧している(2017年7月21日開催「関ジャニ‘sエイターテインメント ジャム」京セラドーム大阪公演[14][15]、2018年2月3日開催「ジャニーズWEST LIVE TOUR 2018 WESTival」神戸ワールド記念ホール公演[16][17])。さらにKis-My-Ft2のコンサートも観覧(2019年7月13日開催「Kis-My-Ft2 LIVE TOUR 2019 FREE HUGS!」京セラドーム大阪公演[18])し、その他のジャニーズ所属グループにも興味を示している。
    • 『よしもとラジオ高校〜らじこー』内コーナー・「四条先生と大喜利対決」の罰ゲーム[19]により、番組内限定で「三浦」(みうら、2016年5月24日[20] - 10月25日)、「津久武」(つくぶ、2016年11月1日[21] - 12月6日[22])、「さくま」(2016年12月13日 - 2017年1月10日[23])、「にじやき」(2017年1月17日 - 6月27日[24])を経て、2017年7月4日放送分から名乗っていた「つくね」に、2018年から正式に芸名を改名[25][26]。つくねに改名した理由としては銀シャリ和牛とろサーモンなど賞レースなどで結果を残した芸人に食べ物の名前が多いことからつけている[27][28]。しかし改名後も本名で呼ばれたり、「つくし」「つみれ」「おいも」などに間違われるなど浸透しなかった。自身も芸名に親しみを持てず恥ずかしくなってきたため、本名の四条を「しじょう」と読み間違われることが多かったことから、同年10月1日から平仮名表記の「よじょう」に再度改名することとなった。同時に「つくねに恥をかかせたということで、つくねに改名した9ヶ月間と同じ期間、つくねにはつくねを食べさせません!」と奥田が宣言したため、「あれだけの人気メニューに傷をつけてしまったので、食べません!」と渋々受諾した[29][30][31]。しかし、再改名後に出演した2018年11月9日放送分の『こんちわコンちゃんお昼ですょ!』(MBSラジオ)で、近藤光史から平仮名表記の本名に戻した芸名の再改名が全然おもろないと言われた上、近藤が複数考案した候補の中から「ぼうえんきょう」と命名されたため、当日の放送は「ぼうえんきょう」として出演し、直後に録音された番組ジングルも「ぼうえんきょう」名義で使用された[32]。また『学天即のジャージですよ』(FM宝塚)でも、2019年5月22日放送分からは「ぼうえんきょう」名義で出演していた[33]が、2019年7月31日放送分の「ザビエルぼうえんきょうの教会」のコーナーに寄せられたリスナーからの悩みに対し、よじょうが五千円札を用いる回答をして「ぼうえんきょう」からの昇格が許され、五千円札の肖像画の樋口一葉に因み「一葉(いちよう)」に改名(この後は「二葉」「三葉」を経て「よじょう」になる予定)[34]。「よじょう」に再改名してからも、奥田は「つくね」と呼んでいたり[35]、吉本興業の公式プロフィールでも「よじょう」への再改名のニュースのリンクが貼られているにもかかわらず、2019年になってからも「つくね」が掲載されたままになっていたが、2019年3月現在、「よじょう」に変更されている[36]
  • 奥田 修二(おくだ しゅうじ、 (1982-03-03) 1982年3月3日(37歳) -)ツッコミ担当・立ち位置右。
    • 兵庫県宝塚市出身。宝塚市立安倉中学校、兵庫県立宝塚高等学校、修成建設専門学校卒業。中学・高校時代は剣道部所属(剣道は小学生時代から6年間経験し、二段所有)。姉がいる。
    • 血液型B型。身長180cm。体重75kg。足のサイズは28cm。
    • 実家は造園業を営んでおり[2]、2級造園施工管理技士の資格を所持している[3]
    • 専門学校卒業後に就職し、造園業に携わっていたことがある。しかしその仕事が好きすぎるあまり、1週間が4日ほどのペースで過ぎている感覚に陥って、急に死ぬとさえ考えるようになり、2年ほどで辞めてしまう。それ以降は自分に向いていない仕事に就こうと、ヒップホップ系のファッションを扱う洋服店などでのアルバイトを経験。また大学に進学した友人たちが就職活動をする中で、自分の将来を話していたことに刺激を受け、改めて人生について考えるようになり、その後、M-1グランプリを見たことがキッカケで、お笑いを志すようになる[2]
    • 薄毛であることを自らネタにしている。
    • かなり口数が多い。2016年2月11日に、笑い飯哲夫と開催したトークライブ「政治を語る同論会 お客様との議論もしますスペシャル」では、20時に開演してから延長を重ねた結果、9時間後の翌朝5時に終演。さらにその後もスタッフと2時間しゃべり続けた[37]
    • ゴルフ好きで、50ヤード内のアプローチが特技である。
    • スタジオジブリ作品ファンで、特に『魔女の宅急便』が好き。
    • 吉野家でアルバイトをしていた時、牛丼を盛りつける早さを競うコンテストで近畿第2位になったことがある。
    • 中学1年生までどんなに雨が降っていても傘を使った事がなかった。雨が降るとプールの授業がなくなるなど、楽しみにしていた予定が全て台無しになる事から、両親から傘を使うように言われ、カッパを無理矢理着させられる事もあっても、雨を無視しようと決め、傘を使わない事にこだわりを持っていた。しかしある時、学校で流行ったKANGOLの傘を持っていると女子からモテると聞き、すぐさまKANGOLの傘を買い、傘を使うようになった[38]
    • 高校時代にモーニング娘。のファンになるなど、元々アイドルが好きであるにもかかわらず公表していなかった。その後『やかせて!ソーセージ』の企画でAKB48を取材して以降、完全にハマり(推しメンは北原里英)、さらに『5upよしもとpresents Super 0crew Fes in Osaka』でのダンス対決がきっかけで、ももいろクローバーZにもハマり(推しメンは百田夏菜子)、この頃からアイドル好きを公言するようになった。この他にも、私立恵比寿中学(推しメンは松野莉奈)・チームしゃちほこ(推しメンは伊藤千由李)・たこやきレインボー(推しメンは春名真依)・でんぱ組.inc(推しメンは夢眠ねむ)・乃木坂46(推しメンは生駒里奈賀来遥香[39])・BiSH(推しメンはアイナ・ジ・エンド)・BiSGANG PARADEEMPiRENegicco大阪☆春夏秋冬BILLIE IDLE®など、数多くのアイドルのファンであることも公言しており、その多くとは後年テレビ・ラジオでの共演が実現している。
    • AKB48のシングル「Green Flash」Type Nのカップリング収録曲、NMB48「パンキッシュ」のMVに通行人として出演[40]。仕事に向かう途中、偶然撮影現場を通りがかったところ、山本彩とすれ違ったシーンがカットされず、出演が実現する形となった。
    • 2017年3月6日には、自身の35歳を祝う生誕祭として『学天即奥田 35th Anniversary party G3〜Namba IDOL Summit』をなんばグランド花月で開催。アシスタントに夢眠ねむ(当時でんぱ組.inc)、ゲストにチームしゃちほこ、Negicco、BiSHを迎え、吉本新喜劇を織り交ぜたステージを繰り広げた[41]。オファーを出した際、誰か1組でも出てくれたらラッキーかなと思っていたところ、全組の出演が決まり、「自分の力ではなく、読売テレビ[42]MBSラジオ[43]FM OSAKA[44]の各局で仕事をしたことがあるのが大きな理由だと思う」と各局への感謝の意を表している[45][46]

概要編集

  • コンビ名の由来は、1928年の大礼記念京都博覧会で大阪毎日新聞が出品した東洋で初めてのロボットである「學天則」。実物ではなく、映画『帝都物語』に登場した學天則に奥田が影響を受けたことからコンビ名につけようと考えた[47]が、M-1グランプリのエントリー用紙に記入したコンビ名の字が汚すぎて「学天則」を「学天即」に間違えられた[48]
  • 奥田とよじょうは中学からの同級生。在学当時は互いに目立たないキャラで顔見知り程度だったが、20歳の頃に地元のプール監視員のアルバイトで偶然再会。二人ともモテたいあまり、髪型は丸刈りでヒゲを生やし、真っ黒に日焼けをした風貌になったにもかかわらず、女の子には奥手だったことから意気投合[49]。その後奥田がM-1グランプリの出場を目指し、よじょうとは別の友人にコンビを組もうと誘うが断られてしまう。その時慰めてくれたよじょうを奥田が誘い、よじょうも「ええけど、俺ボケしかでけへんで」と承諾し、コンビを結成。2005年のM-1グランプリに出場し、アマチュアながら準決勝まで進む。その後オーディションに合格し、2007年12月より、よしもとクリエイティブエージェンシーに所属[50]。一般からの所属で大阪NSCの27期扱いである。
  • ワラbにリニューアルする4ヶ月前から連続して、サライヴWARで1位、5upよしもと内のバトル形式のライブ「ファーストバトル」では3ヵ月連続1位を獲得、ABCお笑いグランプリでは、第35・36回の2年連続で予選を1位で通過、さらにTHE MANZAIでは4年連続で認定漫才師50組に入り、2011・2013・2014では決勝進出を果たすなどの実力を示している。特に2014の本戦サーキットでは、出場した京都ラウンド・大阪ラウンドでいずれも1位を獲得し、サーキットランキングを1位で通過した。
  • 第1回ytv漫才新人賞、第42回NHK上方漫才コンテストなど、数多くの賞レースで準優勝が続いたが、平成25年度NHK新人演芸大賞演芸部門でコンビ初となる大賞を受賞。
  • baseよしもと5upよしもとに出演していたが、2014年2月に卒業。卒業後はなんばグランド花月よしもと西梅田劇場を中心に出演。
  • 中学校時代からの同級生でコンビを結成しているが、奥田が常にうるさく、面倒くさいとよじょうも周囲の芸人仲間も感じているため、2016年12月29日にカンテレで放送された『お騒がせニュース2016 よしもと芸人100人 しゃべっても大丈夫』の「お前ら仲悪いんちゃう!? 解散しそうなコンビはどいつだランキング!」でギャロップに次ぐ2位にランクインした[51]

ネタ編集

  • 主に漫才。正統派のしゃべくり漫才のスタイルを取る。
  • コントを行うことは稀だが、コントの大会であるキングオブコントでは、2010年・2011年と2年連続で準決勝まで進んでいる。
  • ネタの多くは、奥田が日常の出来事をヒントに書いている[1]。ネタの作り方はその時々で変わるが、2018年頃からは一つのテーマから二人で考えた後、よじょうが一旦ネタを1本全部作ってみてから、奥田が手を加える手法をとっている[52]
  • ショートネタでは「プロ野球珍プレー・好プレー大賞」というネタを持つ。奥田がものまねでナレーション・みのもんた、よじょうが野球選手を担当する。
  • みの以外にも、奥田のものまねのレパートリーとして、山崎まさよし松山千春戸張捷などがある[53]

出囃子編集

  • 東京パノラママンボボーイズキーハンター(非情のライセンス)
    • 結成当初には、オフスプリングPRETTY FLY(FOR A WHITE GUY)」が使用されていた。
    • その後、2016年までは ゴーカートモンキー「ああ人生に涙あり」が使用されていたが、曲冒頭の「オーマイガー!」が流れたことで変な空気になってしまうことが多かったため、2017年から[ALEXANDROS]starrrrrrr」に変更した[54]
    • しかし、2017年7月14日開催の「月極!学天 新ネタLIVE」のオープニングトークで、出囃子を変更するかどうか迷っているとして、「starrrrrrr」の他に、野際陽子「非情のライセンス」と東京パノラママンボボーイズ「キーハンター(非情のライセンス)」を出囃子に使用。終演後、奥田のTwitterでもアンケートを行い、「starrrrrrr」が得票数を多く集めた[55]が、同年8月18日開催の「学天即 夏の大祭り2017『漫才万博』」で出囃子の1曲に「キーハンター(非情のライセンス)」を使用し、9月下旬頃から劇場本公演や営業などでも出囃子が変更された。

賞レースでの戦績編集

  • 2005年
  • 2008年
  • 2009年
    • キングオブコント2009 3回戦進出
    • Ⅿ-1グランプリ2009 3回戦進出
  • 2010年
    • キングオブコント2010 準決勝進出
    • Ⅿ-1グランプリ2010 3回戦進出
  • 2011年
    • キングオブコント2011 準決勝進出
    • 第9回MBS新世代漫才アワード 決勝進出 1回戦敗退
    • THE MANZAI 2011 決勝進出 (予選サーキットランキング9位で決勝進出、Cグループ4位で敗退)
  • 2012年
  • 2013年
    • 第2回ytv漫才新人賞 準優勝
    • 平成25年度 NHK新人演芸大賞 演芸部門大賞
    • THE MANZAI 2013 決勝進出 (予選サーキットランキング11位で決勝進出、Bグループ4位で敗退)
  • 2014年
    • 第35回ABCお笑いグランプリ 準優勝
    • 第3回ytv漫才新人賞 4位・ツイッター特別賞
    • 第49回上方漫才大賞新人賞
    • 歌ネタ王決定戦2014 準決勝進出
    • THE MANZAI 2014 決勝進出 (予選サーキットランキング1位で決勝進出、Bグループ3位で敗退)
  • 2015年
    • 第36回ABCお笑いグランプリ 準優勝
    • 第4回ytv漫才新人賞 優勝
    • 第50回上方漫才大賞奨励賞
    • M-1グランプリ2015 準決勝進出(予選通過順位 24位、敗者復活戦 6位)
  • 2016年
    • 歌ネタ王決定戦2016 準決勝進出
    • M-1グランプリ2016 準決勝進出(予選通過順位 14位、敗者復活戦 9位)
  • 2017年
    • 歌ネタ王決定戦2017 準決勝進出
    • M-1グランプリ2017 準々決勝進出
  • 2018年
    • 歌ネタ王決定戦2018 準決勝進出
    • M-1グランプリ2018 準々決勝進出
  • 2019年
    • 歌ネタ王決定戦2019 準決勝進出

出演番組編集

テレビ編集

現在のレギュラー番組編集

過去のレギュラー番組編集

その他編集

ラジオ編集

現在のレギュラー番組編集

過去のレギュラー番組編集

その他編集

  • ももクロ大好き芸人ラジオ モノノフに告ぐ!(MBSラジオ、2013年1月20日) - 奥田のみ[65]
  • ワールドツアー決定記念〜1179でんぱな主張ー!(MBSラジオ、2015年2月22日) - 奥田のみ
  • 笑い飯哲夫の明るく楽しいニュースシャワー(MBSラジオ、2016年12月8日[66][67]) - 奥田のみ(笑い飯哲夫の代演)
  • 電波良好!\ MBSでんぱな主張 /(MBSラジオ、2016年12月19日) - 奥田のみ[68][69]
  • 笑い飯哲夫の明るく元気なニュースシャワー(MBSラジオ、2017年10月26日[70][71][72]・11月23日[73][74]・12月28日[75]) - 奥田のみ(笑い飯哲夫の代演)
  • ナマオト-DIVER- in イルミナイト万博 Xmas(MBSラジオ、2017年12月24日) - 奥田のみ
  • 笑い飯哲夫の明るく元気な大念佛寺(MBSラジオ、2018年5月7日・2019年5月4日) - 奥田のみ
  • こんちわコンちゃんお昼ですょ!(MBSラジオ) - 主に放送週が5週ある月の木曜・金曜に不定期でゲスト出演

CM編集

  • スカパー! 「基本パック半額キャンペーン篇」「1chから始められます篇」(2014年1月12日 - 1月28日) - 声のみ

MV編集

DVD編集

  • マンザイ・オン・デマンド(2015年8月5日)[76]

単独ライブ編集

2008年
  • 11月2日 - 「学園天即」(baseよしもと/大阪)※初単独
2009年
  • 2月1日 - 「迷走チラリズム」(baseよしもと/大阪)
  • 5月16日 - 「上カルマ」(baseよしもと/大阪)
  • 8月31日 - 「逆走ヒロイズム」(baseよしもと/大阪)
  • 11月1日 - 「暴走テロリズム」(baseよしもと/大阪)
  • 11月13日 - 「学天市場」(baseよしもと/大阪)
2010年
  • 1月5日 - 「トーーク学天イーグルス」(baseよしもと/大阪)
  • 1月23日 - 「四条の挑戦状」(baseよしもと/大阪)※四条のみ
  • 1月23日 - 「大奥〜おしゃべり編〜」(baseよしもと/大阪)※奥田のみ
  • 2月7日 - 「大奥」(baseよしもと/大阪)※奥田のみ
  • 2月20日 - 「神算鬼謀」(baseよしもと/大阪)
  • 2月27日 - 「トーーク学天イーグルス」(baseよしもと/大阪)
  • 3月9日 - 「四条の挑戦状」(baseよしもと/大阪)※四条のみ
  • 3月20日 - 「不意打ち」(baseよしもと/大阪)
  • 3月27日 - 「トーーク学天イーグルス」(baseよしもと/大阪)
  • 4月2日 - 「トーーク学天イーグルス」(baseよしもと/大阪)
  • 4月23日 - 「四面楚歌」(baseよしもと/大阪)
  • 4月24日 - 「大奥〜ムチャぶり編〜」(baseよしもと/大阪)※奥田のみ
  • 5月11日 - 「トーーク学天イーグルス」(baseよしもと/大阪)
  • 5月22日 - 「五月蝿ッ!」(baseよしもと/大阪)
  • 5月23日 - 「四条の挑戦状」(baseよしもと/大阪)※四条のみ
  • 8月15日 - 「八方美人」(baseよしもと/大阪)
  • 9月2日 - 「トーーク学天イーグルス」(baseよしもと/大阪)
  • 9月5日 - 「大奥〜おしゃべり編〜」(baseよしもと/大阪)※奥田のみ
  • 9月12日 - 「大奥〜大喜利編〜」(baseよしもと/大阪)※奥田のみ
  • 9月18日 - 「九頭龍閃」(baseよしもと/大阪)
  • 9月19日 - 「大奥〜ゲームコーナー編〜」(baseよしもと/大阪)※奥田のみ
  • 9月26日 - 「大奥〜ムチャぶり編〜」(baseよしもと/大阪)※奥田のみ
  • 10月15日 - 「十人十色〜今年作ったネタ40本の中から厳選した10本を見てつかあさい〜」(baseよしもと/大阪)
  • 11月7日 - 「大奥〜おしゃべり編〜」(baseよしもと/大阪)※奥田のみ
2011年
  • 3月22日 - 「学天 単独Live 即」(5upよしもと/大阪)
  • 5月24日 - 「学天 単独Live 即」(5upよしもと/大阪)
  • 7月5日 - 「学天 トークlive 即」(5upよしもと/大阪)
  • 8月7日 - 「学天 トークlive 即〜特別編〜」(5upよしもと/大阪)
  • 9月11日 - 「学天 トークlive 即〜特別編〜」(5upよしもと/大阪)
  • 10月18日 - 「学天 トークlive 即〜特別編〜」(5upよしもと/大阪)
  • 11月11日 - 「学天 トークlive 即〜特別編〜」(5upよしもと/大阪)
  • 12月11日 - 「学天 トークlive 即」(5upよしもと/大阪)
2012年
  • 1月14日 - 「四条ファン集まれ!」(ワッハ上方/大阪)※四条のみ
  • 1月25日 - 「学天 単独Live 即」(5upよしもと/大阪)
  • 3月5日 - 「大奥〜祝!三十路編〜」(baseよしもと/大阪)※奥田のみ
  • 3月8日 - 「学天 トークlive 即」(5upよしもと/大阪)
  • 4月22日 - 「学天 単独Live 即」(5upよしもと/大阪)
  • 6月26日 - 「学天 単独Live 即」(5upよしもと/大阪)
  • 6月26日 - 「学天 トークlive 即」(5upよしもと/大阪)
  • 7月21日 - 学天即“初”単独ライブツアー「パンダミック」(SUNSHINE STUDIO/愛知)
  • 7月23日 - 学天即“初”単独ライブツアー「パンダミック」(シアターブラッツ/東京)
  • 8月3日 - 学天即“初”単独ライブツアー「パンダミック」(5upよしもと/大阪)
  • 10月8日 - 「四条ファン集まれ!」(ワッハ上方/大阪)※四条のみ
  • 11月9日 - 「四条×奥田」(5upよしもと/大阪)
2013年
  • 2月11日 - 「四条×奥田〜帝都大戦〜」(シアターブラッツ/東京)
  • 4月2日 - 「四条×奥田」(5upよしもと/大阪)
  • 8月5日 - 「学天列伝『漫才の虎』」(5upよしもと/大阪)
  • 10月23日 - 「漫才のG☆スポット」(5upよしもと/大阪)
2014年
  • 1月25日 - 「大奥・ニコ生編〜金屏風からこんばんは〜」(道頓堀ZAZA HOUSE/大阪)※奥田のみ
  • 2月8日 - 「梅ノ花」(5upよしもと/大阪)※5upよしもと卒業公演
  • 3月16日 - 「そうしゅんのさふらふ」(ヨシモト∞ホール/東京)
  • 7月13日 - 学天即 夏の全国巡業「ビッググレートスーパーストロング漫才ツアー」(ルミネtheよしもと/東京)
  • 7月18日 - 学天即 夏の全国巡業「ビッググレートスーパーストロング漫才ツアー」(よしもと紙屋町劇場/広島)
  • 7月26日 - 学天即 夏の全国巡業「ビッググレートスーパーストロング漫才ツアー」(あるあるYY劇場/福岡)
  • 8月29日 - 学天即 夏の全国巡業「ビッググレートスーパーストロング漫才ツアー」(なんばグランド花月/大阪)
  • 9月26日 - 「金屏風からこんばんは」(つるとんたん和朗亭/大阪)※奥田のみ
2015年
  • 1月30日 - 「金屏風からこんばんは」(つるとんたん和朗亭/大阪)※奥田のみ
  • 2月21日 - 学天即東西単独公演「MAR〜マンザイ アンド ロマンス〜」(ルミネtheよしもと/東京)
  • 2月25日 - 学天即東西単独公演「MAR〜マンザイ アンド ロマンス〜」(大丸心斎橋劇場/大阪)
  • 3月3日 - 「金屏風からこんばんは」(ロフトプラスワンウエスト/大阪)※奥田のみ
  • 4月10日 - 「金屏風からこんばんは Vol.2」(ロフトプラスワンウエスト/大阪)※奥田のみ
  • 4月29日 - 学天即DVD収録単独ライブ「マンザイ・オン・デマンド」(ルミネtheよしもと/東京)[76]
  • 5月15日 - 「金屏風からこんばんは Vol.3」(ロフトプラスワンウエスト/大阪)※奥田のみ
  • 5月31日 - 学天即単独ライブ 「販促ギリギリライブ in 沼津」(沼津ラクーンよしもと劇場/静岡)
  • 6月27日 - 学天即単独ライブ 「販促ギリギリライブ in 幕張」(よしもと幕張イオンモール劇場/千葉)
  • 7月3日 - 「金屏風からこんばんは Light」(ロフトプラスワンウエスト/大阪)※奥田のみ
  • 8月12日 - 「学天即 夏の大単独ライブ〜影響受けまくりの先輩のネタとお喋り もちろん学天即の新ネタも添えて〜」(なんばグランド花月/大阪)
  • 8月12日 - 「金屏風からこんばんは Special」(ロフトプラスワンウエスト/大阪)※奥田のみ、四条もゲスト出演
  • 9月18日 - 「金屏風からこんばんは Vol.6」(ロフトプラスワンウエスト/大阪)※奥田のみ
  • 10月9日 - 「金屏風からこんばんは Vol.7」(ロフトプラスワンウエスト/大阪)※奥田のみ
  • 11月20日 - 「金屏風からこんばんは Vol.8」(ロフトプラスワンウエスト/大阪)※奥田のみ
  • 12月13日 - 学天即ネタ&トークライブ「I・M・G・P」(ルミネtheよしもと/東京)
2016年
  • 2月19日 - 「金屏風からこんばんは Vol.9」(ロフトプラスワンウエスト/大阪)※奥田のみ
  • 2月29日 - 学天即単独ライブ「スタンド・バイ・マンザイ」(大丸心斎橋劇場/大阪)
  • 3月4日 - 「金屏風からこんばんは Vol.10」(ロフトプラスワンウエスト/大阪)※奥田のみ
  • 4月8日 - 「金屏風からこんばんは Vol.11」(ロフトプラスワンウエスト/大阪)※奥田のみ
  • 5月13日 - 「金屏風からこんばんは Vol.12」(ロフトプラスワンウエスト/大阪)※奥田のみ
  • 5月28日 - 学天即単独ライブ「W・W・M〜WORLD WIDE MANZAI〜」(よしもと祇園花月/京都)
  • 6月24日 - 「金屏風からこんばんは Vol.13」(ロフトプラスワンウエスト/大阪)※奥田のみ
  • 7月29日 - 「金屏風からこんばんは Vol.14」(ロフトプラスワンウエスト/大阪)※奥田のみ
  • 8月19日 - 「学天即 夏の大祭り2016 in なんばグランド花月〜西漫所(にしのまんどころ)〜」(なんばグランド花月/大阪)
  • 9月16日 - 「金屏風からこんばんは Vol.15」(ロフトプラスワンウエスト/大阪)※奥田のみ
  • 10月7日 - 「金屏風からこんばんは Vol.16」(ロフトプラスワンウエスト/大阪)※奥田のみ
  • 11月11日 - 「金屏風からこんばんは Vol.17」(ロフトプラスワンウエスト/大阪)※奥田のみ
2017年
  • 1月6日 - 「月極!学天 新ネタLIVE」(道頓堀ZAZA HOUSE/大阪)
  • 2月5日 - 「月極!学天 新ネタLIVE」(道頓堀ZAZA HOUSE/大阪)
  • 3月18日 - 「月極!学天 新ネタLIVE」(道頓堀ZAZA HOUSE/大阪)
  • 4月16日 - 「月極!学天 新ネタLIVE」(道頓堀ZAZA HOUSE/大阪)
  • 5月6日 - 「月極!学天 新ネタLIVE」(道頓堀ZAZA HOUSE/大阪)
  • 6月17日 - 「月極!学天 新ネタLIVE」(道頓堀ZAZA HOUSE/大阪)
  • 7月14日 - 「月極!学天 新ネタLIVE」(道頓堀ZAZA HOUSE/大阪)
  • 8月18日 - 学天即 夏の大祭り2017「漫才万博」(なんばグランド花月/大阪)
  • 9月15日 - 「月極!学天 新ネタLIVE」(道頓堀ZAZA HOUSE/大阪)
  • 10月7日 - 「月極!学天 新ネタLIVE」(道頓堀ZAZA HOUSE/大阪)
2018年
  • 1月31日 - 「学天即の初初(ういうい)ネタライブ」(道頓堀ZAZA POCKET'S/大阪)
  • 2月23日 - 「学天即の初初ネタライブ」(道頓堀ZAZA POCKET'S/大阪)
  • 3月28日 - 「学天即の初初ネタライブ」(道頓堀ZAZA POCKET'S/大阪)
  • 4月29日 - 「学天即の初初ネタライブ」(道頓堀ZAZA POCKET'S/大阪)
  • 5月30日 - 「学天即の初初ネタライブ」(道頓堀ZAZA POCKET'S/大阪)
  • 6月30日 - 「学天即の初初ネタライブ」(道頓堀ZAZA POCKET'S/大阪)
  • 7月23日 - 「学天即の初初ネタライブ」(道頓堀ZAZA POCKET'S/大阪)
  • 8月31日 - 学天即 夏の大祭り2018「宝塚喜劇団・漫組公演」(宝塚ソリオホール/兵庫)
  • 9月24日 - 「学天即の初初ネタライブ」(道頓堀ZAZA POCKET'S/大阪)
  • 10月22日 - 「学天即の初初ネタライブ」(道頓堀ZAZA POCKET'S/大阪)
2019年
  • 3月25日 - 学天即単独ライブ「透明人間」(YES THEATER/大阪)
  • 5月27日 - 学天即単独ライブ「青い」(YES THEATER/大阪)
  • 7月26日 - 学天即単独ライブ「ANARCHY in the COMEDY SCENE」(YES THEATER/大阪)
  • 9月4日 - ガチネタ!〜今年できたネタからの選りすぐりをお届け〜(道頓堀ZAZA HOUSE/大阪)

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 学天即 新ネタ勝負の笑い - 読売新聞大阪版夕刊 2016年8月5日
  2. ^ a b c 仕事のやりがいは見つけたもん勝ち! 学天即の四条さん&奥田さんに高校生インタビュー”. ウルトラ18 by ch FILES (2016年10月5日). 2016年10月5日閲覧。
  3. ^ a b 2016年8月15日放送『ありがとう浜村淳です
  4. ^ 2016年8月6日放送『TENGA Presents Midnight World Cafe 〜TENGA茶屋〜
  5. ^ yojo7301のツイート(772086786772176897)
  6. ^ スポーツ報知 (2015年1月12日). “若手実力コンビ「学天即」四条が結婚「もう3年夜の営みない」けど…”. 2015年1月12日閲覧。
  7. ^ yoshimotorkのツイート(712254992824946688)
  8. ^ 当日は知念侑李髙木雄也とともにゲスト出演(yoshimotorkのツイート(757910988154769408))。
  9. ^ yoshimotorkのツイート(757918859118583809)
  10. ^ yoshimotorkのツイート(760506768942170113)
  11. ^ yojo7301のツイート(760464315530960898)
  12. ^ yojo7301のツイート(769866989128908801)
  13. ^ yojo7301のツイート(939465216768688128)
  14. ^ yoshimotorkのツイート(866997222486941696)
  15. ^ yojo7301のツイート(888389183806423040)
  16. ^ yoshimotorkのツイート(958305489762201600)
  17. ^ yojo7301のツイート(959774727857496065)
  18. ^ yojo7301のツイート(1150025696745361410)
  19. ^ プロである芸人が素人である生徒(番組のリスナー)たちに負け続けることが多く、奥田が学天即の四条を名乗って欲しくないと訴えたことがきっかけ。
  20. ^ yoshimotorkのツイート(732554706812178432)
  21. ^ yoshimotorkのツイート(793412241861124096)
  22. ^ yoshimotorkのツイート(806119817979645956)
  23. ^ yoshimotorkのツイート(818806296317071362)
  24. ^ yoshimotorkのツイート(879690808089128960)
  25. ^ 「三浦」「津久武」は『SLAM DUNK』で湘北高校の対戦校として登場した三浦台高校と津久武高校から、「さくま」は『らじこー』の前に放送されていた(現在は放送枠移動)『さくまひできのサクっと音楽』を担当するシンガーソングライター・さくまひできから、「にじやき」は『らじこー』にゲスト出演したアイドルグループ・たこやきレインボーに因んでそれぞれ命名。「つくね」は元々自身の投稿であることを伏せるためにつけたラジオネームの一つだった。
  26. ^ 学天即四条が「つくね」に改名「焼き鳥関連のお仕事お待ちしております!」”. お笑いナタリー (2018年1月1日). 2018年1月1日閲覧。
  27. ^ 学天即つくね (2012年9月20日). “学天即つくね(@tukune0930)Twitterプロフィール”. Twitter. 2018年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年9月27日閲覧。
  28. ^ 本能Z【ポスト千鳥!大阪で大人気芸人SP/渋谷のトンデモギャル学校に潜入】の番組概要ページ”. gooテレビ番組(関西版) (2018年9月27日). 2018年9月27日閲覧。
  29. ^ 学天即『つくね』が再度改名!ひらがな『よじょう』に!”. よしもとニュースセンター (2018年9月25日). 2018年9月25日閲覧。
  30. ^ 学天即つくねが再改名、奥田の提案でつくね食べない宣言「人気メニューに恥をかかせた」”. お笑いナタリー (2018年9月26日). 2018年10月1日閲覧。
  31. ^ yojo7301のツイート(1044577458194792448)
  32. ^ MBSトピックス|MBSラジオ AM1179 FM90.6 (2018年11月9日). “『よじょう』か『ぼうえんきょう』か?みなさんはどっち?”. 2018年11月18日閲覧。
  33. ^ エフエム宝塚 (2019年5月26日). “学天即のジャージですよ 57着目”. 2019年5月30日閲覧。
  34. ^ shimatcho1120のツイート(1156534750263140352)
  35. ^ gakutenokudaのツイート(1095141056608329728)
  36. ^ 吉本興業株式会社. “学天即 プロフィール”. ホーム>タレント検索>タレント詳細(学天即). 2018年3月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月2日閲覧。なお「よじょう」への芸名再改名のニュースのリンクはアーカイブではなくオリジナルを参照。
  37. ^ gakutenokudaのツイート(698028666761023488)
  38. ^ MBSトピックス|MBSラジオ AM1179 FM90.6 (2019年6月13日). “学天即奥田、衝撃のカミングアウト”. 2019年6月14日閲覧。
  39. ^ Instagram・学天即 奥田 修二(gakutensoku_okuda_official)” (2019年8月15日). 2019年8月15日閲覧。
  40. ^ gakutenokudaのツイート(573518370185707521)
  41. ^ 奥田の誕生パーティーにアイドルが続々! 『学天即 奥田 35thAnniversary party G3 ~Namba IDOL Summit~』”. よしもとニュースセンター (2017年3月9日). 2017年4月19日閲覧。
  42. ^ もってる!? モテるくん』でチームしゃちほこと共演。
  43. ^ 『ワールドツアー決定記念〜1179でんぱな主張ー!』『電波良好!\ MBSでんぱな主張 /』ででんぱ組.incと共演。
  44. ^ 『よしもとラジオ高校〜らじこー』でチームしゃちほこ・BiSH・Negiccoと共演の他、でんぱ組.incからもコメントが寄せられた。
  45. ^ 学天即奥田が自身の誕生祭に夢眠ねむ、しゃち、Negicco、BiSHを招集”. 音楽ナタリー (2017年1月31日). 2017年3月6日閲覧。
  46. ^ 学天即奥田がDD発揮!チームしゃちほこ、Negiccoらアイドル招集しNGKで生誕祭”. お笑いナタリー (2017年1月31日). 2017年3月6日閲覧。
  47. ^ gakutenokudaのツイート(932955824074342400)
  48. ^ 2018年1月11日放送『こんちわコンちゃんお昼ですょ!
  49. ^ 【笑界ウォッチ】学天即 衝撃!!チャラ男時代!! マジメな2人の“丸刈り&ヒゲ” - スポーツニッポン大阪版 2015年4月27日
  50. ^ gakutenokudaのツイート(747094099602243585)
  51. ^ “よしもと芸人が選ぶ“解散しそうなコンビ””. ナリナリドットコム. (2016年12月30日). https://www.narinari.com/Nd/20161241564.html 2018年8月29日閲覧。 
  52. ^ 2018年2月24日放送『上泉雄一の週末もええなぁ!
  53. ^ このうち、みのと戸張のものまねは、DVD「マンザイ・オン・デマンド」の特典映像に収録されている。
  54. ^ 2017年1月6日「月極!学天新ネタLIVE」
  55. ^ gakutenokudaのツイート(885850569872556032)
  56. ^ 後身 - 学天即 奥田の「堂島デンプシーロール」2011年10月5日
  57. ^ gakutenokudaのツイート(151634142738661376)
  58. ^ 学天即のあまのじゃく情報番組「知らぬがホトケ」来年放送”. お笑いナタリー (2015年12月2日). 2015年12月2日閲覧。
  59. ^ 学天即の冠特番で蝶野正洋が月亭方正にメッセージ”. お笑いナタリー (2017年1月18日). 2017年1月21日閲覧。
  60. ^ mbs_song_townのツイート(685040053706338305)
  61. ^ MBS SONG TOWN(2016年1月8日放送回)の番組概要ページ - gooテレビ番組(関西版)
  62. ^ fm835のツイート(844129724922122241)
  63. ^ gakutenokudaのツイート(844049295888154628)
  64. ^ gakutenokudaのツイート(979303691957125120)
  65. ^ gakutenokudaのツイート(291538638553092096)
  66. ^ wt1179のツイート(806810325366386688)
  67. ^ gakutenokudaのツイート(806770796119003136)
  68. ^ 1179mbsのツイート(810747416106438656)
  69. ^ gakutenokudaのツイート(809992933197787137)
  70. ^ wt1179のツイート(923501614069047296)
  71. ^ gakutenokudaのツイート(923470893388480512)
  72. ^ gakutenokudaのツイート(923470893388480512)
  73. ^ wt1179のツイート(933983922270040064)
  74. ^ gakutenokudaのツイート(923471141888409600)
  75. ^ gakutenokudaのツイート(946222785314959360)
  76. ^ a b 学天即初DVD「マンザイ・オン・デマンド」発売、ベストネタライブ開催へ”. お笑いナタリー (2015年2月21日). 2015年3月2日閲覧。

外部リンク編集