メインメニューを開く
国士舘の設立を協議する有志 前列左から頭山満野田卯太郎渋沢栄一徳富蘇峰、後列左から花田半助渡辺海旭柴田徳次郎[1]

学校法人国士舘(がっこうほうじんこくしかん)は日本の学校法人の一つであり、国士舘大学国士舘高等学校及び国士舘中学校を運営している。過去には国士舘短期大学国士舘大学福祉専門学校もあった。

目次

概要編集

1917年(大正6年)柴田徳次郎が「興国救人」を理想と掲げ頭山満三浦梧楼顧問とし花田半助中野正剛緒方竹虎野田卯太郎渋沢栄一徳富蘇峰等、多数の有志と共に私塾国士舘を当時の東京府麻布区(現在の東京都港区南青山)に創立。2年後の1919年に、当時の荏原郡世田ヶ谷村にあった現在地に移転し、財団法人国士舘として法人化した[2]

戦後は、1946年に法人名を至徳学園と改称し、1949年私立学校法によって学校法人制度が導入されたのを受け、1951年には学校法人至徳学園に改組された。1953年に法人名を旧に復し、学校法人国士舘となった[2]

法人設置位置編集

東京都世田谷区世田谷4-28-1

沿革編集

舘長、総長及び理事長編集

出典・脚注編集

  1. ^ 田中健介『柴田徳二郎伝』(PDF)、9頁。2011年6月5日閲覧。
  2. ^ a b 国士舘大学について 沿革 年表”. 国士舘大学. 2011年6月5日閲覧。[リンク切れ]

関連項目編集

外部リンク編集