学校法人帝塚山学園

本来の表記は「」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

学校法人帝塚山学園(がっこうほうじんてづかやまがくえん)は、日本学校法人

学校法人帝塚山学園
法人番号 1150005000640 ウィキデータを編集
創立者 山本藤助
理事長 吉川勝久
創立 1941年
所属学校 帝塚山大学
帝塚山中学校・高等学校
帝塚山小学校
帝塚山幼稚園
所在地 奈良県奈良市学園南3丁目1番3号
ウェブサイト http://tezukayamagakuen.jp/
建学の銘 - 子どもや若い人たちは学園の宝
学園理念 - 人間教育・個性を伸ばす教育
Project.svg プロジェクト:学校/学校法人の記事について
Portal.svg Portal:教育
テンプレートを表示

奈良県奈良市学園南3丁目1番3号に本部を置く。学園全体の学生・生徒・園児数は約8000名、教職員数は約900名。総校地面積は274,363.63m2[1]

概観編集

帝塚山大学教養学部は、昭和40年代、当時全国唯一の女子教養学部として注目されたが、現在は共学化している。帝塚山大学が昭和62年に共学化されるまでは、特に帝塚山中学校・高等学校内部進学も多く、「帝塚山は女子」と見る人が多かった。しかし、実際は帝塚山中学校・高等学校男子校として開校した経緯もあり、その後、進学校に変わっていくにつれ、現在ではそのような見方をする人もほとんどいなくなった。ただし、帝塚山中学校・高等学校は、現在も完全な男女共学校ではなく、授業は男女別、その他の活動は男女一緒に行うという『男女併学』のシステムを採用している。また帝塚山中学校・高等学校は、近年では奈良県における、東大寺学園西大和学園に並ぶ、難関私立進学校グループとなっている。

なお、「帝塚山」という名称のルーツは高級住宅街としても有名な大阪市住吉区帝塚山であり、同地には、帝塚山学院大学、帝塚山学院中学校・高等学校等を経営する学校法人帝塚山学院がある。本稿で記述する帝塚山学園とは別法人であり、現在は交流もないが、設立の経緯をみると姉妹校ともいえる。

キャンパスは、学園前キャンパス・東生駒キャンパスに分かれるが、本部のある学園前キャンパスは、最寄り駅の近鉄奈良線学園前駅から、専用歩道橋を渡って徒歩1分。

沿革編集

略歴編集

帝塚山学園は、帝塚山学院大阪)の創立二十五周年記念事業として、皇紀二千六百年にも当たる1940年(昭和15年)に、男子のために中学校・高等学校と一貫した七年制高等学校を設立し、さらに大学も開設して一大綜合学園を創り、この学園を中心とした文化都市を建設しようという大理想の下に発足したのが興りである。なお、最初の七年制高等学校という計画は法令上の制約もあり、結果としては男子中学校の設置となった。

年表編集

出身者編集

設置校編集

その他施設編集

脚注編集

外部リンク編集