メインメニューを開く

学生研究会土曜会(がくせいけんきゅうかいどようかい)は、1960年代から70年代にかけて、東京大学法学部学生有志を中心に創立された読書会である。

60年安保闘争では東大自治会も全学連主流派指導の下、反安保闘争を展開したが、土曜会は、体制内改革を通じて真の独立国家を建設するという目標を掲げ活動した。会員からは、若泉敬矢崎新二岩崎寛弥佐々淳行粕谷一希谷内正太郎福留民夫池田富士夫、江藤作平、松岡滿壽男ら、官僚、政治家、言論人、学者、大手会社幹部らが輩出された。社会人組織として、有志の会がある。