学習の友』(がくしゅうのとも)は、日本の書籍。

  1. 開隆堂出版が発行する学習参考書
  2. 学習の友社が発行する労働運動雑誌

2を詳述する


学習の友(がくしゅうのとも)は、日本労働者向け学習月刊誌である。全国労働組合総連合(全労連)系の労働者教育協会が編集し、学習の友社が発行する。

労働組合の幹部・組合員など労働者階級のなかに科学的社会主義の理論や労働組合運動の成果などを普及していくことを目的とした月刊誌である。

概要編集

1953年に創刊。資本主義の搾取や賃金の説明、弁証法的唯物論、労働者の権利についての解説記事、マルクスやエンゲルスの著作の解説、労働組合活動のレポートが掲載されている。階級的労働運動、たたかう労働運動が中心で、労使協調主義の労働運動には批判的である。2020年4月号で創刊800号、同5月号で人気の長期連載、原富悟(微笑み童子)の「あったかほっこりの労働運動」が100回に達した。


雑誌データ編集

  • A5版
  • 毎月18日発売
  • 定価510円(2019年10月号より)
  • 年間購読料7140円(春秋別冊含、送料別)

沿革編集

  • 1953年 - 11月号を以って創刊。青木書店が出版。
  • 1961年、4月号に「構造改革とは何か」を特集。これをめぐって内紛が起こり、脱退したグループが『学習のひろば』を創刊。

著名な寄稿経験者編集

関連項目編集

外部リンク編集