学習漫画(がくしゅうまんが)とは、日本における漫画のジャンルの一つ。

概要編集

歴史テクノロジー経済など人々が学習する内容を文章表現ではなく漫画にすることで、読者が理解し易くしたものである。「まん」の字を現在小学校では学習しないため、実際の書籍では「学習まんが」と表記されることも多い。

児童生徒向けのもの(即ち児童書)が主であったが、近年は大人向けのもの(実用書)も増えている。

学習漫画は「学習する」という性質上、制作委員会などを結成して内容の構成や方向性を決め、架空の人物・組織が登場することなどはあってもその目的を損なう加筆・脚色は許されない。委員会には取り上げるテーマに精通した大学教授や知識人が監修をするケースがほとんどである。

脚色を加えつつも源氏物語原典を忠実に再現した大和和紀の『あさきゆめみし』、横山光輝の『三国志』といった一部の歴史漫画には漫画としての価値が高いものとして認められるものもある。また、厳密には学習漫画(児童書)ではないが、漫画のストーリーに基づいた資格取得参考書住宅新報社の「マンガでわかる資格試験シリーズ」等)や大学受験参考書なども発刊されている。元々学習漫画に近い制作背景を持つ擬人化キャラクター漫画『Axis powers ヘタリア』や『はたらく細胞』があり、両作品とも日本財団主催のプロジェクト「これも学習マンガだ!~世界発見プロジェクト~」に選定されている[1]

アメリカ軍では、第二次世界大戦期からに高等教育を受けておらず社会経験が少ない新兵向けの副読本として、任務中の注意点や生活規範などを解説した漫画(PS)が多数企画され、ウィル・アイズナーなどのコミック作家が請け負っていた。

代表的な学習漫画編集

単行本化されているもの。タイトル後に著者(作画担当者)名が無い作品は基本的に巻毎に異なる作家が担当(オムニバス形式)。

基本的に、集英社は「学習漫画」、小学館は「学習まんが」、学研は「学研まんが」、角川書店は「まんが学習」の商標を用いているが、登録商標ではない。講談社はシリーズによって用いる名称が異なっている。

日本史編集

世界史編集

中国史編集

アメリカ史編集

  • マンガ アメリカの歴史(中央公論社)1987年 全12巻 絶版

人物伝編集

特定の人物を取り上げるシリーズ。

理科系編集

  • なぜなぜ理科学習漫画・全12巻(集英社刊)
    • 初版1963年で、1971年まで版を重ねたロングセラー。版ごとに細かく内容が改訂されており、例えば天体現象や宇宙開発を扱う第一巻『ひらけいく宇宙』では、1969年のアポロ計画による月面着陸成功を受けて、月旅行の内容をアポロ計画を取り入れた内容に改訂している。1972年頃に、別漫画作者で再刊されている。
  • ひみつシリーズ
    • 1972年のシリーズ開始以来、累計2000万部以上の売上を誇った人気シリーズ。
      • コロ助の科学質問箱 内山安二
      • できる・できないのひみつ 内山安二著
      • からだのひみつ
  • こんにちはマイコン
  • まんがサイエンス
    • あさりよしとお著。学研教育出版(現・学研プラス)発行の雑誌『5年の科学』および『6年の科学』などで連載されていた科学学習漫画。第16回文化庁メディア芸術祭マンガ部門審査委員会推薦作品。
  • 理論社のまんがシリーズ
    • たかしよいち原作、吉川豊漫画、出版社は理論社。「まんが化石動物記」、「まんが世界ふしぎ物語」、「まんが世界なぞのなぞ」、「まんが人間の歴史」、「まんが生命のふしぎ物語」などがある。一部は新書サイズのフォア文庫で再発。
  • 科学漫画サバイバルシリーズ
    • 韓国で制作された学習漫画シリーズ。フルカラー作品。日本の発行元は朝日新聞出版。日本版は2008年から刊行。
  • 科学学習まんがクライシスシリーズ
    • 上記サバイバルシリーズのヒットに影響を受けたと思われる小学館の学習漫画。フルカラー作品。2015年創刊。
  • 科学ふしぎクエスト(学研プラス)
    • 上記サバイバルシリーズのヒットに影響を受けたと思われる学研の学習漫画。フルカラー作品。2015年創刊。
  • 講談社の動く学習漫画 MOVE COMICS

産業・職業を題材とするもの編集

地理を題材とするもの編集

歴史以外の教科学習を内容とするもの編集

大人向けに一般教養的な内容をテーマとするもの編集

古典作品を内容とするもの編集

性教育をテーマとするもの編集

  • まんがで読む・ひとびとの生と性(ポプラ社
  • 愛ってなんだろう(コミック版 語ろうよこころ・からだ・いのち 岩崎書店
    • 作画:木村郁代、著:北沢杏子、1989年刊行。中高生の自我と性教育を扱った「語ろうよこころ・からだ・いのち」シリーズの番外編として上下巻が刊行。2000年まで重版された。

学習雑誌編集

学習漫画を主体に構成する雑誌

アニメ編集

学習漫画を基にアニメ化した作品。

オリジナルの学習・教養系アニメ

海外の学習・教養系アニメ

脚注編集

  1. ^ これも学習マンガだ!” (日本語). これも学習マンガだ!. 2022年4月3日閲覧。
  2. ^ のち株式会社小学館クリエイティブの取締役(株式会社小学館クリエイティブの会社情報
  3. ^ 学習まんが 少年少女日本の歴史2 飛鳥の朝廷 ―古墳・飛鳥時代―”. Google ブックス (1981年). 2021年5月29日閲覧。学習まんが 少年少女日本の歴史19 戦争への道 ―大正時代・昭和初期―”. Google ブックス (1983年). 2021年5月29日閲覧。 ※これらの書籍の奥付と同じ頁に"編集担当 柏原順太 宮部良雄 八巻孝夫"と記載。
  4. ^ 1930文化情報部(報道1930)「少年少女日本の歴史」平成の30年、BS-TBS、2018年10月26日。
  5. ^ 『マンガ日本の歴史18 建武新政から室町幕府の成立へ』中公文庫 1997年。 
  6. ^ “岸本斉史、荒木飛呂彦らが偉人描く「学習まんが 日本の歴史」表紙イラスト公開”. コミックナタリー. (2016年7月6日). http://natalie.mu/comic/news/193537 2016年7月6日閲覧。 
  7. ^ 小学館版 学習まんが 世界の歴史”. 小学館 (2018/2021). 2022年4月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月18日閲覧。
  8. ^ 各巻における紹介役を差し替えたもの(博士→ドラえもん、少年→のび太ジャイアンスネ夫・少女→しずかなど)
  9. ^ 「マンガでわかる」というタイトルは大人向け学習漫画では一般的に使われるが、オーム社のホームページに従うこととする。

関連項目編集