メインメニューを開く

学門駅

日本の和歌山県御坊市にある紀州鉄道の駅

学門駅(がくもんえき)は、和歌山県御坊市湯川町財部にある、紀州鉄道紀州鉄道線である。

学門駅
学門駅舎
学門駅舎
がくもん
GAKUMON
御坊 (1.5km)
(0.3km) 紀伊御坊
所在地 和歌山県御坊市湯川町財部750-2
所属事業者 紀州鉄道
所属路線 紀州鉄道線
キロ程 1.5km(御坊起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
7人/日(降車客含まず)
-2017年-
開業年月日 1979年昭和54年)8月10日
備考 無人駅
テンプレートを表示

駅構造編集

1面1線の単式ホームのみを持つ地上駅無人駅である。ホームの御坊方面側に出入口があるが、無人駅のため改札口はない。また、ホームに上屋があるのみで駅舎や便所もない。

 
プラットホーム側の様子

駅周辺編集

駅前に、駅名の由来となった和歌山県立日高高等学校・附属中学校の裏門がある。

歴史編集

利用状況編集

近年の1日平均乗車人員は以下の通り[2]

年度 1日平均
乗車人員
2015年 9
2016年 7
2017年 7

その他編集

  • 駅名が「学問」に通じることから、学業御守として当駅の入場券や入場券を形取ったキーホルダーなどを隣の紀伊御坊駅で販売している。なお、当駅は無人駅であるため、入場券や乗車券を持っていなくても駅構内に入場することができる。
  • ホームの横に「学門地蔵」が設置されており、ホーム内から拝むことができる。なお地蔵横の石碑は「学問地蔵」となっている。
  • 書籍等でよく「学問駅」と誤植されることが多い。

隣の駅編集

紀州鉄道
紀州鉄道線
御坊駅 - 学門駅 - 紀伊御坊駅

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 宮脇俊三『鉄道廃線跡を歩くII』JTB、1996年、p.167の石野哲「廃線私鉄の停車場一覧・25」、今尾恵介『日本鉄道旅行地図帳 8号 関西1』新潮社、2008年、p.40 では「中学前」。
  2. ^ 『統計ごぼう 平成30年版(2018年)』第5章 運輸・通信”. 御坊市. 2019年3月30日閲覧。

関連項目編集