メインメニューを開く

孫 岳(そん がく/スン・ユエ )は清末民初の軍人。北京政府直隷派国民軍に属した。禹行

孫岳
Sun Yue.jpg
プロフィール
出生: 1878年光緒4年)
死去: 1928年民国17年)5月27日
中華民国の旗 中華民国(国民政府)上海市
出身地: 清の旗 直隷省保定府高陽県
職業: 軍人
各種表記
繁体字 孫岳
簡体字 孙岳
拼音 Sūn Yuè
和名表記: そん がく
発音転記: スン ユエ
ラテン字 Sun Yüe
テンプレートを表示

目次

事跡編集

革命派としての活動編集

の兵部尚書孫承宗の後裔である。孫岳は幼くして秀才となった。しかし、祖先の孫承宗が清の征服の際に殺されたことを知るや、反清感情に芽生え、科挙を受験しようとせずに無頼の道に走った。1904年光緒30年)、保定武備学堂砲兵科に入学する。卒業後、北洋陸軍第3鎮砲兵隊排長。1906年(光緒32年)、陸軍行営軍官学堂(後の陸軍大学)第2期速成科で学んだ。後に、孫岳は中国同盟会に加入している。

1909年宣統元年)の卒業後、北洋第3鎮第9標第3営管帯(大隊長)となり、さらに副参領(中佐)に昇進、二等参謀などを歴任した。宣統3年11月(1912年1月3日)、王金銘中国語版施従雲中国語版馮玉祥らによる灤州起義に参加したが、王懐慶の裏切りから失敗に終わり、孫は軍を罷免された。その後、南下して南京の中華民国臨時政府に加わる。孫は蘇松寧揚鎮五路軍総司令として長江の北に駐屯し、清軍と戦った。まもなく、陸軍第9師師長に任命されている。

宣統帝が退位して北京政府が成立した後、孫岳は江西都督李烈鈞に招聘され、参賛軍務兼督弁廬山牧場となった。1913年民国2年)の第二革命(二次革命)では、袁世凱討伐のための討袁第1路軍総司令に任命された。しかし、敗北に終わり、李とともに日本に亡命した。まもなく密かに帰国し、陝西省華山に隠居する。なお、このときに、後に国民軍で同僚となる胡景翼と知り合い、護国戦争第三革命)に呼応する謀議にも加わった。

北京政変編集

袁世凱が死去した1916年(民国5年)6月、北京政府内で安徽派・直隷派・奉天派の3大勢力に分かれる。孫岳は曹錕と交流があったため、直隷派に加わり、曹の部隊の軍官教導団団長となった。その後、1920年(民国9年)10月17日に第15混成旅旅長[1]となり、安直戦争、第1次奉直戦争に参戦している。1922年(民国11年)11月[2]、第15混成旅旅長兼冀南鎮守使に任命され、河北省大名に駐屯した。

1923年(民国12年)10月、孫文が曹錕討伐の指令を発すると、孫文配下の李石曽が孫岳の下を訪れる。孫岳は李と灤州起義以前からの知人であった。また、孫岳自身が呉佩孚の圧迫を受けていたこともあって、孫文側への寝返りを承諾した。1924年(民国13年)9月の第2次奉直戦争勃発前後に、孫岳は馮玉祥や胡景翼と連絡を取り合い、秘密同盟を結成した。そして孫岳は、この事情を察知していない曹から京畿警備副司令に任命され、北京の治安責任者とされた。さらに呉の軍が奉直戦争の前線に向かった隙をつき、10月19日に馮はクーデター発動を指示した。10月23日までに、孫岳や馮配下の鹿鍾麟らにより北京は制圧された(北京政変、首都革命)。

国民軍副司令編集

10月25日、馮玉祥は国民軍を成立させる。孫岳は副司令兼第3軍軍長に任命され、孫文の北京訪問を後押しした。さらに、孫岳は直隷派の残軍を華北から駆逐し、保定に駐屯して秩序安定と軍備拡充を進めた。保定航空教練所を接収の際、元部下で同校生徒の楊鶴霄の進言で国民第3軍航空司令部を設置する[3]

1925年(民国14年)1月、豫陝甘剿匪総司令に任命される。8月には陝西督弁に任命された。11月、国民軍が奉天派の李景林軍と戦い、これを撃破すると、孫岳は直隷督弁兼省長に任命された。

1926年(民国15年)1月、「赤化」批判に耐えかねた馮玉祥が下野する。その代理として、当初は孫岳が奉軍に対する前敵総指揮をつとめた。しかし、国民軍劣勢の展開に心労を抱え、3月には病床に倒れてしまう。その後、孫は五原誓師北伐への参加を願ったが、病身のためならなかった。ただ、国民政府から河南省政府委員、軍事委員会委員などの職を授与されており、国民政府側の一員としての地位は確保している。

1928年(民国17年)5月27日、孫岳は上海で病没した。享年51。

出典編集

  1. ^ 政府広報命令第1678号 (PDF)” (中国語). 中華民国政府官職資料庫. 2017年10月16日閲覧。
  2. ^ 政府広報命令第2391号 (PDF)” (中国語). 中華民国政府官職資料庫. 2017年10月16日閲覧。
  3. ^ 盧克彰編著 (1974). 空軍建軍史話. 空軍總部政治作戰部. p. 69. 

参考文献編集

  • 陳民「孫岳」中国社会科学院近代史研究所『民国人物伝 第12巻』中華書局、2005年。ISBN 7-101-02993-0
  • 徐友春主編『民国人物大辞典 増訂版』河北人民出版社、2007年。ISBN 978-7-202-03014-1
  • 劉寿林ほか編『民国職官年表』中華書局、1995年。ISBN 7-101-01320-1
軍職
先代:
管金聚
陸軍第十五混成旅旅長
第3代:1920.10.17 - 1925.1.22
次代:
王允恭
   中華民国(北京政府)北京政府
先代:
李済臣中国語版
河南省長
1924年11月 - 1925年8月
次代:
岳維峻
先代:
呉新田
陝西督弁
1925年8月 - 12月
次代:
李雲龍
先代:
李景林
直隷督弁
1925年12月 - 1926年3月
次代:
褚玉璞