孫 恭(そん きょう、生没年不詳)は、中国三国時代政治家。祖父は孫静。父は孫暠。叔父は孫瑜孫皎孫奐孫謙。兄は孫綽孫超。子は孫峻・女2人。甥は孫綝孫拠孫恩孫幹孫闓孫憲

生涯編集

孫権の時代に呉に仕え、官は散騎侍郎(散騎常侍)まで上った[1]

子の孫峻は、孫亮の時代に諸葛恪を誅殺して権力を握って朝政を専横したが、への遠征途上で急死した[2]。孫恭の子は他に女2人が確認されており、孫峻の姉は全尚[3]に、孫峻の妹は朱拠の子の朱損[4]に嫁いでいる。

参考文献編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 三国志』呉志 孫静伝・孫峻
  2. ^ 『三国志』呉志 孫綝
  3. ^ 『三国志』呉志 孫綝伝
  4. ^ 『三国志』呉志 孫休朱夫人