メインメニューを開く

孫 皎(そん こう、? - 219年)は、中国後漢末期の武将。叔朗。父は孫静。兄は孫暠孫瑜。弟は孫奐孫謙。従兄は孫権。子は孫胤・孫晞・孫咨・孫弥・孫儀。

孫皎
後漢
征慮将軍・都護
出生 不明
揚州呉郡富春県
死去 建安24年(219年
拼音 Sūn Jiǎo
叔朗
主君 孫権
テンプレートを表示

生涯編集

孫皎はまだ若いうちから一門衆の1人として駆り出され、護軍校尉に任命。2千の兵を預かっていた。

程普は曹操·劉備両方に対する前線の備えである夏口にて軍勢を駐屯させており、孫皎はその死後に程普に代わって夏口の守備を務めた、都護・征慮将軍に昇進した。黄蓋と兄の孫瑜が死去すると、その配下の軍も併せて孫皎が指揮をすることとなった。沙羨・雲杜・南新市・竟陵を領地(奉邑)として与えられ、代官により統治させた。

前年劉備は益州を取り、215年3月に曹操が張魯討伐を開始。孫権は劉備に荊州返還を求めるが劉備は応じず、呂蒙を派遣して鮮于丹・徐忠・孫規らを指揮して兵2万で長沙・零陵・桂陽を攻めさせ、魯粛には1万で益陽に本営をおいて関羽に備えさせ、孫権自身も陸口に留まった。呂蒙・孫皎らが兵を進めると長沙・桂陽は降伏した。呂蒙が零陵を征圧するとき、太守・郝普に「劉備も関羽も救援に来ない」と嘘の情報を伝えて降伏させた。その後、呂蒙は三郡に孫河[1](孫皎が[2])を置きて鎮守を委し、関羽と魯粛が対峙する呂蒙等と共に益陽に軍を進めた[3]

212年-217年、曹操により濡須が攻められた際にはたびたび奮戦し、幾度か繰り広げられた激戦の中で「精鋭な軍勢」と謳われるほどの武勲を上げたのです[4]

219年、劉備との荊州奪還戦において、当初孫権は軍を二つに分け、呂蒙と孫皎にそれぞれ統率させようとしたが、軍の総指揮系統の一本化を重んじた呂蒙に反対されたため、孫皎を後詰めの任に留めた。演義と異なり、多くの見張り台を攻め落とした後、関羽討伐戦では呂蒙と共に出陣し、孫皎は荊州平定に大きく貢献し、関羽を捕らえるのに大きい功績があったが、その直後に病死してしまった。役職と軍勢の多くは、弟の孫奐に受け継がれた。

人物編集

人によく施しをし、諸葛瑾をはじめ名士達との交流も盛んであった。一方で、お金や財宝を惜しまず人に与えられる人物だったのです。また部下に、劉靖・李允・呉碩・張梁(の人物)といった優れた人物を採り立てて適材適所で用いたため、彼等は力を惜しまず仕事に励んだ。ある時、兵士が敵地から女をさらってきて献上してきた際、孫皎は女に衣服を与え丁重に送り返し、民衆を慈しむよう軍に徹底させたため、名声を得るようになった[注釈 1]。また酒席で強かに酔い、年長の甘寧を侮辱したため喧嘩になったが、孫権に譴責されると甘寧に謝罪し、以後は親しく付き合った。

子孫編集

孫権は孫皎の生前の功績を評価し、子の孫胤を丹陽侯とした。孫胤に子がなく、その死後は弟の孫晞が継いだが、罪を得て自殺したため領地は取り上げられた。その他の子である孫咨・孫弥・孫儀も将軍となり、侯に封じられたという。孫咨は羽林督、孫儀は無難督にまでなったが、呉中期の混乱に巻き込まれ、孫咨は滕胤、孫儀は孫峻に殺害されている。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 偵察に出した者が、わざわざ孫皎のために美女を見繕い、捕縛して連れてきたことがあった。しかし、孫皎はそれを見るや否や、その美女に新しい服を与えて送り返してしまったのである。そして、部下たちに以下のように命令した。「我らの敵は曹操の一派であり、無辜の民は関係ない。この後、何の罪もない弱者に手を出さぬように!」

出典編集

  1. ^ 「呂蒙伝」、「宗室伝」孫河が204年で死亡
  2. ^ 「資治通鑒」
  3. ^ 「呉主伝」
  4. ^ 「宗室伝」