孫 翊(そん よく、184年 - 204年)は、中国後漢末期の武将。叔弼。別名は孫儼。父は孫堅。兄は孫策孫権。弟は孫匡孫朗。妻は徐氏。子は孫松

孫翊
後漢
偏将軍・丹陽太守
出生 光和7年(184年
死去 建安9年(204年
拼音 Sūn Yì
叔弼
別名 孫儼
主君 孫権
テンプレートを表示

生涯編集

朱治によって孝廉に推挙された。せっかちな性格で、喜怒は心のままにことが多かったため、朱治は常に道義を説いて教え諭した。

200年建安5年)、孫権とともに司空である曹操に招聘された。孫策が重体になると、張昭らは孫策の風を持っていた孫翊を推していたが、孫策は孫権を呼んで家督を継がせる。

203年(建安8年)、叔父である呉景の後任として偏将軍・丹陽太守に任じられた。翌年、孫翊は元盛憲配下の嬀覧戴員を重用したが、二人が辺洪と親交を結んだことを叱責したため、手を組んだ彼らによって暗殺された。

死後、妻の徐氏は下手人の辺洪に賞金を掛けた。