メインメニューを開く

孫英傑(そんえいけつ、Sūn Yīngjié、1979年1月19日 - )は、中華人民共和国の女子陸上長距離選手遼寧省瀋陽市生まれ。身長164センチ、体重52キロ。

孫英傑 Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム 孫英傑
国籍 中華人民共和国の旗 中国
種目 長距離走マラソン
生年月日 (1979-01-19) 1979年1月19日(40歳)
出身地 遼寧省瀋陽市
身長 164cm
体重 52kg
自己ベスト
5000m 14分40秒41(2002年)
10000m 30分07秒20(2003年)
ハーフマラソン 1時間08分40秒(2004年)中国記録
マラソン 2時間19分39秒(2003年)中国記録
 
獲得メダル
女子 陸上競技
世界陸上競技選手権大会
2003年 パリ 女子10000m
アジア競技大会
2002年 釜山 女子5000m
2002年 釜山 女子10000m
編集 テンプレートのヘルプを表示する

目次

経歴編集

1993年8月より瀋陽市体育学校で王瑞コーチの下、陸上競技の訓練を受ける。1995年10月火車頭(機関車)体協チームに入り、王徳顕コーチに師事。2003年1月からはナショナルチームで引き続き王徳顕コーチに師事していたが、コーチの体罰を訴えて師弟関係を解消した[1]

ドーピング疑獄事件編集

2005年10月17日南京で行われた、第10回中華人民共和国全国運動会女子10000メートルに出場し、31分3秒09で2位に入ったが、レース後の検査で筋肉増強剤アンドロステロンが検出されたため失格となり、メダルは剥奪され記録は無効となった。その前日に行われた北京国際マラソンにも出場、2時間21分1秒で4連覇を果たした時は、検査で陰性だったため同マラソンの成績は取り消されなかった。その後の調査の結果、チームメイトの于海江がひそかに孫のジュースに筋肉増強剤を混入したことが判明し、孫は于を名誉棄損で中国黒竜江省五大連池市人民法院に訴えた。2005年12月16日、同人民法院は于の犯行を認定し、于に3万元の慰謝料と支払いと全国紙への謝罪広告の掲載を命じる判決を言い渡した。しかし2006年1月12日、中国陸連は選手が摂取する物の責任は自らが負うべきとし、孫を2年間の出場停止、王徳顕コーチを永久追放処分とした。なお、選手登録停止期間は2年間のため、2006年ドーハアジア大会および2007年世界陸上大阪大会には出場出来ないが、母国の2008年開催の北京オリンピックは出場可能となっていた。しかし、中国国内の選考会で好成績を残せなかったため、北京五輪の出場はかなわなかった。

主な記録編集

  • 5000メートル
    2002年 韓国・釜山アジア大会優勝
    2004年 アテネオリンピック第8位
  • 10000メートル
    2002年 韓国・釜山アジア大会優勝
    2003年 世界陸上第3位
  • ハーフマラソン
    2004年 インド・ニューデリー世界ハーフマラソン選手権優勝 1時間8分40秒
  • マラソン
    2時間19分39秒 2003年北京国際マラソン (中国記録、アジア第2位)
    2002年、2003年、2004年、2005年北京国際マラソン優勝(4連覇)
    2008年 アモイ・マラソン 2時間38分21秒(13位) トップから15分以上離される惨敗

脚注編集

外部リンク編集