孫 超(そん ちょう、生没年不詳)は、中国三国時代武将。祖父は孫静。父は孫暠。叔父は孫瑜孫皎孫奐孫謙。兄は孫綽。弟は孫恭。子は孫憲。甥は孫峻孫綝孫拠孫恩孫幹孫闓

生涯編集

孫権の時代に呉に仕え、官は偏将軍まで上った[1]

子の孫憲は、孫亮皇帝の時代に孫峻が諸葛恪を誅殺して権力を握ると、孫憲は孫峻に協力したことから、孫峻に厚遇されて右将軍・無難督に出世したが、孫峻が死んで孫綝が権力を握るとないがしろにされたため、将軍の王惇と共に孫綝誅殺を企てたが、計画は漏れて王惇は殺され、孫憲は自殺させられた[2]

参考文献編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 三国志』呉志 孫静
  2. ^ 『三国志』呉志 孫綝