宇佐美 誠次郎(うさみ せいじろう、1915年1月21日-1997年4月25日)は、マルクス経済学者。

東京出身。1937年東京帝国大学経済学部卒。東方文化学院東京研究所員、日本銀行調査局嘱託、1948年法政大学教授。のち同大原社会問題研究所長。1960年「臨時軍事費」で法政大学経済学博士。85年定年退任、名誉教授。日本ドイツ民主共和国友好協会理事長。「日本資本主義講座」(岩波書店)の中心的編集者だった。ほかに国家財政などを研究。[1]

著書編集

  • 『日本の独占資本 その解体と再編成』新評論社 1953
  • 『宇佐美誠次郎小論集』宇佐美誠次郎小論集刊行会 1976
  • 『学問の五〇年 経済学エッセイ集』新日本出版社 1985
  • 『財政学』青木書店 1986

共編著・監修編集

  • 『国家独占資本主義論 日本経済の現段階分析』井上晴丸共著 潮流社 1950
  • 『危機における日本資本主義の構造』井上晴丸共著 岩波書店 1951
  • 『経済学講座 第2巻 現代資本主義の経済と政治 第1』長洲一二共編 大月書店 1954
  • 『現代財政論』谷山治雄共編 大月書店 1955
  • 『マルクス経済学体系』全4巻 宇高基輔,島恭彦共編 有斐閣 1963
  • 『マルクス主義経済学講座』見田石介,横山正彦共監修 新日本出版社 1971
  • 『いま「税制改革」を考える』谷山治雄、鷲見友好佐藤昌一郎安藤実中村義勝共著 青木書店 1987

翻訳編集

論文編集

脚注編集

  1. ^ 日本人名大辞典20世紀日本人名事典