メインメニューを開く

宇垣 秀成(うがき ひでなり、1963年7月25日[2] - )は、日本声優俳優ナレーターである。81プロデュース所属[2]東京都出身[1][2]。既婚。

うがき ひでなり
宇垣 秀成
プロフィール
性別 男性
出生地 日本の旗 日本東京都[1]
生年月日 (1963-07-25) 1963年7月25日(55歳)
血液型 B型
身長 182 cm
職業 声優俳優ナレーター
事務所 81プロデュース
配偶者 あり
活動
活動期間 1991年 -
デビュー作炎の闘球児 ドッジ弾平』(高山準)
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

目次

来歴編集

1984年、文学座養成所入所(23期)。テレビドラマ等にも出演していた経歴があるが、その後はアニメゲームナレーションなどに活動の主体を移している。

人物編集

年相応の壮年から初老役をこなす事が多い。CM等ナレーションや副音声もこなし、洋画吹き替え等も多く幅広い役柄で参加している。「スーパー戦隊シリーズ」では怪人の声を担当することが多く、『電磁戦隊メガレンジャー』でゲスト出演以降、悪役声優として常連になっている。そして『爆竜戦隊アバレンジャー』で初のレギュラーである無限の使徒ヴォッファを演じた。

龍が如く』シリーズを通して真島吾朗役を演じている。奇想天外な行動や、製作陣から「真島弁」と呼ばれる微妙なイントネーションの味のある関西弁[3]などが受け、シリーズを重ねるごとに人気は上がり、「龍が如くシリーズ キャラクター総選挙」で主人公・桐生一馬を抑えて1位[4]を獲得している。同シリーズの桐生一馬役・黒田崇矢とは文学座養成所の同期。

出演編集

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ編集

1991年
1992年
1993年
  • 忍たま乱太郎(1993年 - 2019年、ホオヅキ[2]、ひいじいさん、とある殿様、馬場丹後之介、横車押ヱ門 他)
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年 

劇場アニメ編集

1997年
1998年
2000年
2001年
2002年
2003年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2014年
2016年

OVA編集

1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2003年
2009年
2010年
2012年

Webアニメ編集

ゲーム編集

1994年
1996年
1997年
1999年
2000年
2001年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
  • SDガンダム GGENERATION WARS(アルゴ・ガルスキー、ヤコップ)
  • 龍が如く3真島吾朗
2010年
2011年
2012年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年

ドラマCD編集

ラジオドラマ編集

吹き替え編集

担当俳優編集

カン・ソンジン
  • 彼女がラブハンター(チョン・ウタク)
  • 人生の逆転(デシク)
  • 達磨よ、遊ぼう!(ナルチ)
  • ライターをつけろ(ヒョンデ)

映画編集

ドラマ編集

アニメ編集

特撮編集

1996年
1997年
1998年
2001年
2002年
2003年
2004年
2009年
2010年
2015年
2016年
2017年
2018年

ラジオ編集

  • 龍が如く Presents 神室町ラジオステーション(龍が如く.com,セガ 2008年9月-)不定期で配信
  • theBOOKsのハピラジ!(2014年8月-)不定期で配信

ナレーション編集

ボイスオーバー編集

テレビドラマ編集

舞台編集

  • 81プロデュース公演「夢の海賊」(1997年) - サムソン
  • ドラマティックカンパニー公演「仇討」(2003年) - 家老
  • 劇団岸野組「か・ら・く・り」(2009年)
  • ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵(2012年)
  • 劇団華 静岡公演「さむらい音頭」(2014年)
  • 朗読劇 the books公演

その他編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 宇垣秀成”. 81プロデュース. 2019年3月13日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 『声優事典 第二版』キネマ旬報社、1996年、45頁。ISBN 4-87376-160-3
  3. ^ 「桐生チャ~ン!」は真島弁!? 『龍が如く3』Webラジオ特別編の模様をお届け”. 電撃オンライン (2009年3月15日). 2014年5月26日閲覧。
  4. ^ 「龍が如く」シリーズキャラクター総選挙の1位は真島吾朗に。「龍が如く 維新!」の話もちょっと聞けた,名越総合監督と横山プロデューサーへの合同インタビューを掲載”. 4Gamer.net (2013年8月18日). 2013年8月25日閲覧。
  5. ^ GATE KEEPERS”. メディア芸術データベース. 文化庁. 2017年3月19日閲覧。
  6. ^ 手配者リスト ICE BROS”. KING OF BANDIT JING. アニプレックス. 2017年3月26日閲覧。
  7. ^ ヤマ”. 2018年1月28日閲覧。
  8. ^ スタッフ・キャスト”. あにてれ:GON -ゴン-. 2012年3月27日閲覧。
  9. ^ スタッフ・キャスト”. あにてれ:GON -ゴン-. 2012年3月27日閲覧。
  10. ^ レガリア The Three Sacred Stars 新キャラクター&追加キャスト公開!”. TVアニメ「レガリア The Three Sacred Stars」公式サイト (2016年6月3日). 2016年6月3日閲覧。
  11. ^ キャラクター”. 霊剣山 叡智への資格 オフィシャルサイト. 2017年2月16日閲覧。
  12. ^ “『シルバニアファミリー ミニストーリー』がついに地上波で10月7日からTVアニメ化! 種﨑敦美さん、古木のぞみさんほか声優陣も発表に”. アニメイトタイムズ (アニメイト). (2017年9月6日). http://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1504664173 2017年9月6日閲覧。 
  13. ^ 胡蝶綺 〜若き信長〜:テレビアニメの追加キャストに鳥海浩輔、木村良平、村瀬歩 May’nがED”. まんたんウェブ. 2019年5月12日閲覧。
  14. ^ クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード”. メディア芸術データベース. 2016年8月21日閲覧。
  15. ^ 映画 ドラえもん のび太の恐竜2006”. メディア芸術データベース. 2016年10月24日閲覧。
  16. ^ ホッタラケの島 〜遥と魔法の鏡〜”. メディア芸術データベース. 2016年8月5日閲覧。
  17. ^ 『宇宙戦艦ヤマト2199 COMPLETE WORKS-全記録集-脚本集』マッグガーデン、2015年、318頁。
  18. ^ a b BOUNTY DOG/月面のイブ”. J.C.STAFF オフィシャルホームページ. 2016年7月24日閲覧。
  19. ^ 週刊ファミ通』2012年8月2・9日合併号。
  20. ^ 『龍が如く 維新!』キャラクター配役を大公開!”. 『龍が如く 維新!』公式サイト. 2013年9月9日閲覧。
  21. ^ 『PROJECT X ZONE 2:BRAVE NEW WORLD(プロジェクト クロスゾーン2:ブレイブニューワールド)』始動!!”. ファミ通.com. 2015年4月13日閲覧。
  22. ^ CHARACTER”. 龍が如く0 誓いの場所 公式サイト. 2014年9月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年8月28日閲覧。
  23. ^ CAST”. 龍が如く 極. セガ. 2015年9月25日閲覧。
  24. ^ CAST”. 龍が如く6 命の詩。. セガ. 2016年7月28日閲覧。
  25. ^ CHARACTER”. 北斗が如く. セガ. 2017年9月27日閲覧。
  26. ^ 花ゆめに「神はじ」ドラマCD、ぽっちゃり川柳の結果発表も”. コミックナタリー. 2013年9月5日閲覧。
  27. ^ 神様はじめました、ドラマCD「鞍馬山へいく」後編が付録に”. コミックナタリー. 2014年1月20日閲覧。
  28. ^ キングコング: 髑髏島の巨神”. ふきカエル大作戦!! (2017年3月23日). 2017年3月26日閲覧。
  29. ^ “マグニフィセント・セブン”. ふきカエル大作戦!!. (2017年5月24日). http://www.fukikaeru.com/?p=6816 2017年5月29日閲覧。 

外部リンク編集