メインメニューを開く

宇多 頼忠または宇田 頼忠[注釈 3](うだ よりただ)は、安土桃山時代武将大名豊臣秀長家老石田氏の家臣。通称は下野守で、妻の姓を名乗るのは晩年であり、ほとんどの期間は尾藤二郎三郎尾藤下野守を称した。

 
宇多頼忠 / 宇田頼忠
尾藤二郎三郎
時代 安土桃山時代
生誕 生年不詳
死没 慶長5年9月17日1600年10月23日
改名 尾藤二郎三郎→宇多頼忠
別名 姓:宇田、宇多、宇咜、名:忠頼、通称:下野守
官位 下野守
主君 豊臣秀吉秀長秀保→秀吉→石田三成
氏族 尾藤氏→宇多氏
父母 父:尾藤重吉
兄弟 尾藤重房、尾藤知宣(重直)、青木清兼[注釈 1]頼忠
正室:宇多氏
頼重寒松院[異説あり][注釈 2]真田昌幸正室)、皎月院石田三成正室、女(石川頼明正室)

目次

略歴編集

通説では尾藤知宣(重直)の舎弟とされるので[3]、父は尾藤重吉(源内)であろう。ただし系図には名前が記されておらず、甥や従兄弟の可能性もある。いずれにしても近親者か縁者と考えられる。

尾藤重吉と兄弟と思われる重房(又八、又八郎)は織田家家臣の森可成に仕えていて、『信長公記』に、元亀元年(1570年)9月19日に近江国坂本で可成と共に討ち死にしたことが書かれている。(宇佐山城の戦い)

一説に、真田昌幸の正室・山手殿(寒松院)は頼忠の長女とされてきたが、これには異説があって確かではなく、近年ではやや疑問視されている[1]

知宣は羽柴秀吉に仕え、黄母衣衆に列して次第に重用される。頼忠も同様に秀吉に伺候した。

天正5年(1577年)正月12日の『竹生島奉加帳』には尾藤二郎三郎として、甚右衛門知宣と同額(銭200文)を宝厳寺に寄進している[4]。この寄進には石川光政(杢兵衛)の名も見られるが、後に頼忠の女婿となる頼明は一説にはその弟で、同輩であった。

天正6年か7年頃、同じ秀吉家臣の石田三成に娘(皎月院)を嫁がせた[注釈 4]

天正13年(1585年)、豊臣秀長大和国を加増され、大和郡山城に入ったのに従う。いつから秀長付きの家臣になったかはわからないが、その家臣団の中では藤堂高虎に次ぐを家老の地位を占めた。

天正15年(1587年)、九州の役における失態によって知宣が秀吉の不興を買って改易されて追放され、後に小田原征伐の時に斬殺されると、頼忠は妻の姓に改姓。

また時期は不明であるが、甥(尾藤知宣の子)の頼次は、真田昌幸の五女(趙州院[注釈 5])を娶った。

文禄4年(1595年)、豊臣秀保が亡くなり断絶後、秀吉の直臣に戻った。大和国河内国内で、1万3,000石を知行する[5][6]

慶長3年(1598年)8月、慶長の役で敵が蔚山に迫ったとの知らせを聞いて、秀吉は親征を行うと、頼忠を毛利輝元増田長盛多賀谷三経らと先発させようよしたが、秀吉は亡くなり、蔚山城の戦いも勝ったという知らせが届いたので、伏見に留まって出征することはなかった[5]

秀吉の死後は女婿の石田三成の許に身を寄せた。頼次は三成の猶子となり、石田刑部少輔を称した。

慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いでは、三成の居城であった近江佐和山城に三成の父・正継、三成の兄・正澄らと留守居。敗戦後の9月17日に東軍の小早川秀秋田中吉政井伊直政石川康通脇坂安治らに城を攻撃された。城が落城する前に、井伊直政が主な者が城外に出て切腹すれば城兵の助命を約束すると説得したので、石田一族(頼次を含む)の自害に続いて、頼忠と子の河内守(頼重)親子も親族の尾藤善四郎の介錯で自害したが、小早川・石川・脇坂らの兵がこの取り決めを知らずに攻撃を続けて城は落城し、善四郎らは戦って斬り死にした[7]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 尾藤知宣失脚後には桑山姓を名乗る。
  2. ^ 宇多頼忠の娘を真田昌幸の室とするのは、昌幸の娘が頼次の妻となったことからくる、誤伝という説もある[1]
  3. ^ 姓は書籍よって「宇多」「宇田」の両方の表記がある。歴史研究家の大野信長は『「宇田」は「宇多」とも記述されるが、源氏の名族・宇多氏とは無関係であろう』と書いている[2]
  4. ^ 白川亨(著書『石田三成とその子孫』)によれば「津軽家史料」で二人の間に生まれた最初の子である長女(山田隼人正の妻)は関ヶ原の時点で22歳だったと記載されているので、逆算すると本能寺の変の前と推定されている。
  5. ^ 頼次の死後、滝川一積の室となった。

出典編集

  1. ^ a b 小林計一郎編 『真田幸村のすべて』 新人物往来社、1989年、49-51頁。ISBN 440401614X 桐野作人 『真田幸村「婚姻と人脈の謎」』 (Kindle版) 学研〈歴史群像デジタルアーカイブス〉、2014年。 ASIN B00MN8417A
  2. ^ 大野信長 『絡み合う奇縁 真田一族の姻戚関係』 (Kindle版) 学研〈歴史群像デジタルアーカイブス<真田幸村と戦国時代>〉、2014年。 ASIN B00O9MXZ0C
  3. ^ 桑田, p. 117.
  4. ^ 桑田, pp. 117-118.
  5. ^ a b 渡辺 1929, p.271
  6. ^ 阿部 1990, p.146
  7. ^ 国史研究会編、国立国会図書館デジタルコレクション 「佐和山城攻附原淸成等自害」 『關原軍記大成』三巻 国史研究会〈国史叢書〉、1916年http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3441735/163 国立国会図書館デジタルコレクション 

参考文献編集