メインメニューを開く

宇宙のファンタジー」(うちゅうのファンタジー、Fantasy)は、アース・ウィンド・アンド・ファイアー1977年に発表した楽曲。

宇宙のファンタジー
アース・ウィンド・アンド・ファイアーシングル
初出アルバム『太陽神
B面 ビー・エヴァー・ワンダフル
リリース
規格 7インチシングル
12インチシングル
録音 1977年
ジャンル R&Bディスコ
レーベル コロムビア・レコード
(アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国)
CBS・ソニー
(日本の旗 日本)
作詞・作曲 モーリス・ホワイト
ヴァーダイン・ホワイト
エディ・デル・バリオ
プロデュース モーリス・ホワイト
チャート最高順位
  • 32位(アメリカ)[1]
  • 14位(イギリス)[2]
  • 8位(スウェーデン)[3]
  • 1位(日本)[4]
アース・ウィンド・アンド・ファイアー シングル 年表
サーペンタイン・ファイアー
(1977年)
宇宙のファンタジー
(1978年)
ゴット・トゥ・ゲット・ユー・イントゥ・マイ・ライフ
(1978年)
ミュージックビデオ
「Fantasy」 - YouTube
テンプレートを表示

解説編集

1977年に発売されたスタジオ・アルバム『太陽神』(All 'N All) からシングルカットされた楽曲で、1978年の全米シングルチャートでは、Billboard Hot 100で32位、R&B Singlesで12位を記録[1]。アメリカではあまりふるわなかったが、日本では当時のディスコブームに乗って人気を博し[5][6]、1978年6月19日付のオリコン洋楽シングルチャートで1位を獲得した[4]全英シングルチャートでは最高14位まで達し[2]、スウェーデンチャートでは2週に渡り8位を記録している[3]

デビュー40周年記念コンサートに合わせて企画された日本のファンによる人気投票で、「セプテンバー」(September) に次いで2位に選ばれているほか[6]、2005年のアメリカ映画『Be Cool/ビー・クール』主題歌、2009年の日本のテレビドラマ『ラブシャッフル』主題歌[7] に起用されるなど、タイアップも多い。

2006年に発売されたアメリカのRockstar Games社のゲームソフト『グランド・セフト・オート・バイスシティ・ストーリーズ』では、ゲームの中に登場するソウルミュージックのラジオ局VCFL (VC FOR LOVERS) のサウンドトラックに使用されている[8]

また、NHKのテレビ番組『ハッチポッチステーション』では、グッチ裕三がアース・ウィンド・アンドーナッツとして、本楽曲のパロディで「かあさんの歌」を歌った。

フォーリーブスによる日本語カバー版編集

宇宙のファンタジー
フォーリーブスシングル
A面 宇宙のファンタジー
B面 銀河の覇者
リリース
規格 7インチシングル盤
ジャンル アイドル歌謡曲ディスコ
レーベル CBS・ソニー
作詞・作曲 作詞・作曲:E. Del Barrio, M. White,
V. White,
日本語詞:北公次
編曲:いしだかつのり
フォーリーブス シングル 年表
どうして…
(1978年)
宇宙のファンタジー
(1978年)
THE END -思いがけず出会ったら-
(1978年)
テンプレートを表示

1978年7月1日フォーリーブスの37枚目のシングルとしてCBS・ソニー(現:ソニー・ミュージックレーベルズ(ソニー・ミュージックレコーズレーベル))から発売された。同メンバーの北公次が日本語詞を手掛けている。しかしレコードは原曲が圧倒的に多く売り上げたため、この日本語カバーが注目されることはあまり無かった。

なお、フォーリーブスはこの次作にあたる同年7月21日発売のシングル「THE END -思いがけず出会ったら-」を最後に同年8月31日を以って解散を迎えることとなった。

収録曲編集

  1. 宇宙のファンタジー
  2. 銀河の覇者
    • 作詞・作曲: P. Bailey, L. Dunn, M. White, V. White/日本語詞:北公次/編曲:いしだかつのり

脚注編集

  1. ^ a b All 'N All - Earth, Wind & Fire /Billboard Singles - Fantasy”. Allmusic. 2015年11月1日閲覧。
  2. ^ a b EARTH WIND & FIRE - SINGLES/ FANTASY”. Officialcharts.com. 2016年4月24日閲覧。
  3. ^ a b EARTH, WIND & FIRE - FANTASY (SONG)”. Swedishcharts.com. 2016年4月24日閲覧。
  4. ^ a b コンピレーション・アルバム『ナンバーワン70s ORICON ヒッツ』の裏ジャケットナンバーワン 70s 80s 90s オリコン・ヒッツも参照。2015年12月30日閲覧。
  5. ^ 松永良平. “大人のロック!アース・ウィンド&ファイアー”. 日経トレンディネット. 2015年11月1日閲覧。
  6. ^ a b アース・ウインド&ファイアー、もっとも人気のある曲は?”. BARKS (2012年5月17日). 2015年11月1日閲覧。
  7. ^ ラブシャッフル - allcinema 2015年11月1日閲覧。
  8. ^ Grand Theft Auto: Vice City Stories - Music/ VC FOR LOVERS”. Rockstargames.com. 2016年4月24日閲覧。

外部リンク編集