宇宙大戦争

1959年に公開された日本の映画

宇宙大戦争』(うちゅうだいせんそう)は、1959年昭和34年)12月26日に公開された日本SF特撮映画[5][6]地球侵略を狙う異星人と迎え撃つ地球人類による宇宙戦争を描く。製作、配給は東宝[出典 3]。カラー、東宝スコープ[出典 4]。同時上映は『サザエさんの脱線奥様[2]

宇宙大戦争
Battle in Outer Space[1][2]
Битва в відкритому космосі.jpg
監督
脚本 関沢新一
製作 田中友幸
出演者
音楽 伊福部昭
撮影
編集 平一二
製作会社 東宝[3]
配給 東宝[3][4]
公開 日本の旗 1959年12月26日[出典 1]
上映時間 93分[出典 2][注釈 1]
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 1億2300万円[8]
前作 地球防衛軍
テンプレートを表示

アメリカイギリスなどの英語圏では、『Battle in Outer Space』のタイトルで公開された。

概要編集

東宝が『地球防衛軍』の姉妹編として製作したSF映画[出典 5]。原作の丘美丈二郎、コンセプトデザインの小松崎茂などが同作品から引き続き参加している[10][11]。『地球防衛軍』に登場した安達博士、白石、リチャードソン博士、インメルマン博士という役名が本作品に再登場しているが、インメルマン博士以外は別の俳優が演じた[7]。内容面では、『地球防衛軍』よりも画面の色彩が抑えられ、メカデザインも実在のものをモチーフにするなど、よりリアリティを追求したものとなっている[10]

本作品は当時における「宇宙に関する最新の情報」が盛り込まれたSF映画でもある[出典 6]。また、宇宙戦闘シーンが作品の多くを占めているのも特徴である[1]。海外上映を考慮して、外国人俳優が物語の中核に位置している[8]

特技監督円谷英二はすでに世界的名声を得ており、彼の特撮映画は海外でも大評判となっていた。本作品ではついに、東宝が製作発表した段階でアメリカの映画バイヤーが買い付け契約を結ぶために来日し、これは以後の恒例となった。

1967年の大晦日にフジテレビ系列で17:30 - 19:00の時間枠で放送された。

零号版フィルムでは合成前のカットシーンや合成素材、光線のタイミング、シーンの尺の長さなどが異なったものが収録されており、長らく所在不明とされていたが、後年にはフィルムが発見され、2014年11月24日に日本映画専門チャンネルで初放送された。

あらすじ編集

1965年宇宙ステーションJSS3が謎の空飛ぶ円盤群に襲撃され、反撃するも敵わず宇宙の塵と化す。さらに、世界中で鉄橋や汽船が空中に舞い上がるといった怪事件が続発する。東京郊外の国際宇宙科学センターでは緊急の国際会議が開催され、何者かが意図的に超低温状態を作り上げ、物質の核振動を停止して無重力状態にしているのでは、という結論を出す。だが、会議のメンバーであるアーメッド教授がすでに「ナタール」と名乗る異星人に洗脳され、宇宙科学センターで新開発された熱線砲を盗もうとしていた。幸い、センターの技師・岩村の機転によって熱線砲は無事だったが、任務に失敗したアーメッドは突如飛来した円盤に光線を浴びせられ、小さな金属板を残して溶解する。

調査の結果、その金属板がアーメッドの脳内に埋め込まれて彼を操っていたことや、ナタールがすでに月面に潜伏していることが判明する。国連では、安達博士をはじめとしてリチャードソン博士、勝宮、白石、岩村など16名の科学者・技師から構成される調査隊を編成し、月面への派遣を決定する。だが、出発前夜にドライブを楽しんでいた岩村は不思議な声を聴いた途端、意識と記憶が飛んでしまう。翌日、全世界の人々が見守る中、調査隊を乗せた宇宙探査艇スピップ1号および2号は無事に発射され、月へ直行する。

その途上、ナタールの宇宙魚雷による攻撃に調査隊は迎撃するが、それを出発前夜のドライブ中にナタールに洗脳されていた岩村が妨害する。辛くも攻撃をかわした一同に、ナタールは「これ以上接近すると命の保証はない」と無線で警告する。だが、調査隊は目的を達成すべく月面に強行着陸すると、やむなく岩村を拘束して探査艇に残し、月面探検車でナタールの前線基地へ接近する。その前線基地には多数の円盤が待機し、すでに地球侵略の準備を整えていた。そのころ、ナタールの命令で拘束ベルトを解いていた岩村は、機関室の燃料弁と酸化剤タンクを全開してスピップ1号を爆破してしまう。

調査隊は安達博士と勝宮が操縦する月面探検車の熱線砲による攻撃を開始し、激しい光線の撃ち合いの末に前線基地の機能を一時停止させることに成功する。地球へ戻ろうとする調査隊をナタールの円盤群が追撃するが、それを迎撃したのは月面探検車と、前線基地の機能停止によってナタールの洗脳が解けた岩村だった。小型熱線銃1丁で円盤に立ち向かう岩村を残し、爆破をまぬがれたスピップ2号で一同は月面を脱出するが、岩村の犠牲的精神に涙しない者はなかった。

この事件は世界中に衝撃を与え、ナタールの基地復旧・総攻撃は時間の問題であり、全力をもって迎え撃つべきという世論が各国で高まる。かくして熱線兵器を搭載した宇宙戦闘機と地対空熱戦砲が量産され、対ナタール戦の準備が進められる。そして、ついに地球へ襲来するナタールの円盤群に対し、人類は宇宙戦闘機を続々と打ち上げ、ここに決戦の火ぶたは切られた。

登場キャラクター編集

ナタール人編集

諸元
ナタール人[注釈 2]
別名 遊星人[13][7]
身長 1.8m[14][注釈 3]
体重 100kg[14][注釈 4]
出身地 ナタール星[9][注釈 5]

超低温の光線による無重力攻撃を得意とする侵略宇宙人[12]。月面では甲冑風の宇宙服を着込んでおり、素顔は不明[出典 7]。宇宙服の手足は3本指となっている[15]。地球人の女性よりも小柄である[15]。金属片をこめかみに埋め込むことにより、特定の人物をロボットにして操れる[15][12]。主な戦力は円盤戦闘機(無重力状態を作り出す冷却線と光線を発射)と宇宙魚雷[16][注釈 6]。地球侵略の前線基地を月面に設営しており、最終決戦では小型円盤数機を従えた司令母艦で地球に来襲する[12]

  • 『地球防衛軍』に登場するミステリアンは人類を共通する要素を持ちうる存在として背景設定が描かれていたのに対し、ナタール人は背景や侵略目的などは描写されず、感情移入する余地がない侵略者とすることで、物語を徹底した地球人と侵略者の攻防に絞っている[10]
  • 小松崎によるデザイン画では植物宇宙人とされていた[9]。脚本でも植物と思わせる描写が存在した[15]
  • 脚本では、地球に潜入したナタール人の様子が描写されており、ピクトリアルスケッチも描かれていた[17]
  • 主要円盤は、『地球防衛軍』のミステリアン円盤の流用である[出典 8]。新造の透明ドーム部分は、塩化ビニールをヒートプレスしたもの[18]。戦闘シーンでは、新造のものも多数用いられた[4]。円盤のほか、小松崎により走行車がデザインされていた[17]
  • 劇中後半の冷却線によって建物が崩壊して空中に舞い上がるという東京攻撃のシーンは、発泡スチロールなど軽い素材で造られた市街地のセットの根元に圧縮エアボンベを仕込み、高圧空気を一気に吹き出させることにより、建物や車両の浮上を表現している[出典 9][注釈 7]
  • 後年の『三大怪獣 地球最大の決戦』では、宇宙円盤クラブ会長室にナタールの円盤が釣り下げられている。[要出典]

登場メカニック編集

スピップ号
国際宇宙科学センターが開発した原子力燃料を使用する宇宙ロケット[22](宇宙艇[23][24]。作中には2機が登場し、それぞれ機首・噴射口・尾翼先端部の色が異なる(1号艇は赤、2号艇は青)。乗員は1機につき8名。胴体には「JAPAN SPACE PATROLE」の文字[22]、尾翼には「FFE」または「JFE」の文字[22]と国連マークがそれぞれ描かれている。船体には特殊金属S250号が使用されており、武器として機首に熱線砲[23][24]を有するほか、機首に宇宙レーダーを、胴体内部に月面探険車1台をそれぞれ搭載している[22][15]。自動防御システムが備えられているが[15]、1号艇はナタールに洗脳された岩村によって内部から爆破されてしまう。
  • ミニチュアは、ギミック付きの2メートル大のものと、遠景飛行シーン用の約60センチメートルの小型モデルの2種類が造形された[25][22]。1号艇と2号艇のミニチュアは共通で、塗装を塗り替えている[22]。素材はバルサ材ブリキ。大型のものは、ハッチやエレベーターなどの可動、ランディングギアの差し替えなどのギミックが設けられていた[出典 10]。月面着陸場面のため、下半分の実物大模型も作られた[25][4]。作中では尾翼に国連マークが描き込まれているが、宣伝ポスターや合成スチール写真では旧日本軍のような白い縁取りの日の丸が描き込まれていた。上昇シーンは、特撮ステージでは高さが足りないため、奥多摩の万年橋三浦市城ヶ島大橋から吊って撮影した[27][15]
月面探険車[出典 11](月面探検車[15][注釈 8]
スピップ号に搭載されている車両[28]蛇腹で前後を繋いだ連接式の装軌車両で、通常はキャタピラで移動するが、エアークッションを用いてホバー飛行も可能[15][24]。スピップ号と同様の熱線砲を装備している[出典 12]。スピップ号に1台ずつ搭載されており、2台が登場したが、1台はナタールの攻撃でキャタピラが切れて動けなくなってしまったため、放棄される。
  • 月面探査が進んでいない時期に製作されたため、「月面の一部に希薄な大気が存在する」という当時の学説のひとつを援用し、ホバークラフト効果で高速移動する場面がある。[要出典]
  • 造形物は、前部のみの実物大のものが1台と[出典 13]、ミニチュアが2機制作された[25][4]。ミニチュアは、散水ギミックによりホバー走行を表現している[出典 14]
    • 幼少期から東宝撮影所に出入りしていた特撮監督の原口智生によれば、ミニチュア置き場を見学した際に月面探検車のミニチュアも置かれていたが、あまり大事にされている状態ではなかったことを証言している[31]。原口自身も、その頃は本作品を未見であったため、何のミニチュアかもわかっていなかったという[31]
  • ホバークラフトで月面車が空中移動するシーンで、円谷監督は月面車を吊って固定し、バックの岩山のほうを回転台に乗せて回転させることにより、スピード感のある映像に仕上げている。[要出典]
宇宙ステーションJSS3
国際宇宙科学センターが運用していた宇宙ステーション[32]。形状はドーナッツ型で、外周のリング部を回転させることによって遠心力を用いた人工重力を発生させている模様。また、上部に光線砲[16]を有しているが、ナタール人の円盤には効かなかった。過去にたびたびナタール人の怪電波を傍受しており、冒頭でナタール円盤の攻撃を受けて破壊される。
戦闘ロケット[出典 15][注釈 9]
本来は無人の宇宙偵察用小型ロケットであったが、ナタール人の来襲に伴い戦闘用の有人戦闘機として急遽きゅうきょ改造され[34]ソ連シベリア平原、米国テキサス平原、東京国際宇宙科学センターから発進してナタール円盤を迎撃する[34][15]。宇宙空間と大気圏内の両方を飛行できる。ソ連タイプと米国タイプの2種類があり、熱線砲を装備している[24]
  • 発進シーンおよび空中戦用に木製のミニチュアが多数製作されている[33]。米国・日本所属機とソ連所属機ではデザインが違う[23][注釈 10]。一部の機体のみ、アップ用に噴射炎ギミックが仕込まれている[4]。このうちの1機は、2021年時点で現存が確認されている[33]
熱線放射機[35](熱線砲[36]
原子力R600をエネルギー源とするパラボラアンテナ型の巨大熱線砲。円筒型の支柱に支えられたA型とU字型の支柱に支えられたB型がある。東京国際宇宙科学センターに配備され、東京を襲撃したナタール円盤を迎撃し、全滅させた。また、これらとは別に月面調査隊の装備品として、ライフル銃タイプの熱線銃や、月面車の銃座に据え付ける重機関銃ほどの大きさの熱線放射機も登場している。

出演編集

参照[3][37][11]

ノンクレジット編集

スタッフ編集

参照[3][5][11]

本編編集

特殊技術編集

製作編集

当初はゴールデンウィーク公開を予定していたが、万全の体制で制作するため、年末公開に延期された[8]

ナタール側と地球側のメカ類は、すべて小松崎茂のデザインを入江義雄が図面に起こし、井上泰幸らによって製作された。小松崎は、本作品を『地球防衛軍』のシリーズ作品と捉え、デザインでも同作品との統一性を図っている[15]

『地球防衛軍』同様、外国人俳優が多数出演しており、全地球規模の戦いを表現している[7]

特撮編集

人間が地上から円盤に吸い上げられるシーンでは、ヘリコプターによる空撮を逆再生しているが、撮影に夢中となった結果、ヘリが民家の庭に着陸してしまったという[20]

国連宇宙科学センターのゲートの撮影には、開通前であった真鶴道路の料金所が用いられた[38]

地球側の迎撃ミサイル基地のセットを設営する際には、スタジオの高さが足りなかったため、美術スタッフの井上泰幸は独断でスタジオの地面を掘り下げてこれを行い、守衛に見つかって本社から大目玉を食らった。怒られている井上の後方で、特技監督の円谷は必死に笑いをこらえていたという。しかし、ロケット打ち上げのシーンで「天井も空けますか?」と提案したところ、円谷は「乱暴なことはやめろ!」と叫んだという[39][40]

本作品で作られた石膏製の3サイズの月の表面のミニチュアは、のちにさまざまな特撮映画に流用されている。『地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』では、M宇宙ハンター星雲人の司令官が座る椅子の背もたれとして使われた。また、月面探検隊の宇宙服は、後年に特撮テレビドラマ『ウルトラマン』第38話のQ星探検服に流用されている。[要出典]

科学考証編集

本作品では「侵略者ナタール人の基地は月の裏側にある」という設定になっており、国際会議の場面で月の裏側の図解が登場する。これは映画公開より少し前の1959年10月4日、ソ連の無人探査機ルナ3号が世界で初めて撮影に成功した月面裏側の写真に基いて作図されたものである[11]

ナタール人の武器である「冷却線による浮遊現象」のSF考証の基礎となっている「重力の本質は核振動であり、物質が絶対零度に近づくほど、核振動が微細なものとなる。したがって、絶対零度近くにまで冷やされた物体は無重量状態となる」という理論は、映画制作当時に唱えられていた仮説に基づいているが、実際は当時の物理学でもすでに否定されていた学説である[7]

月面のシーンは1950年に噴火した三原山の溶岩地帯で撮影された[41][21]。重力の少ない月面でのふわふわとした歩行演技は土屋嘉男の発案によるものであり[21][42]、共演者たちには半信半疑で抵抗する者もいたが、土屋はのちにアポロ宇宙船の月面着陸の中継映像を見て、我が意を得たりの思いだったと語っている[43]。セットでの月面歩行は、スプリング入りのマットレスやピアノ線による吊りなどで表現している[4][21]。円谷も月面着陸の描写にはこだわっていたといい、アポロ11号の着陸の際には自身の描写にそっくりであったことに喜んでいたという[10][6]

映像ソフト編集

  • 1982年にビデオソフトが発売[44]。品番 TG4158[45]
  • LD 品番 TLL2489[45]
  • DVD
    • 2004年10月29日に発売された。オーディオコメンタリー:梶田興治
    • 2014年2月7日に、期間限定プライス版として再発売された。
    • 2015年7月15日に、東宝DVD名作セレクションとして再発売された。

関連作品編集

  • 映画『アワモリ君乾杯!』 - 劇中、ナタール人や戦車が登場する。
  • 映画『惑星大戦争』 - 本作品の一部のシーンが流用されている。
  • 映画『ゴジラ(54)』 - 本編において本作品のテーマ曲「宇宙大戦争マーチ」の原曲が防衛軍の艦隊出撃シーンで使用されている。
  • 映画『シン・ゴジラ』 - 本編において本作品のテーマ曲「宇宙大戦争マーチ」が使用されている。
  • 特撮テレビドラマ『キャプテンウルトラ』(1967年) - 「宇宙大戦争」の名称が企画段階での仮タイトルとして用いられている[46][47]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 資料によっては「91分」と記述している[2]
  2. ^ 資料によっては、「ナタール」と記述している[12]
  3. ^ 資料によっては、「1.5メートル」「2メートル」と記述している[13]
  4. ^ 資料によっては、「不明」と記述している[13]
  5. ^ 資料によっては、「不明」と記述している[13]
  6. ^ 隕石型で、ニューヨーク市街などに落下して大きな被害を与える。
  7. ^ 同様の表現法は『世界大戦争』でも見られる。
  8. ^ 書籍『ゴジラの超常識』では、名称を音速振動式エアークッション探検車と記述している[7]
  9. ^ 資料によっては、名称をロケット戦闘機[34][15]宇宙戦闘機[出典 16]小型宇宙戦闘ロケット[7]と記述している。
  10. ^ 前者は超音速実験機X-15をベースにデザインされており[出典 17]、後者は無尾翼デルタ翼機となっている。

出典編集

  1. ^ a b c ゴジラ画報 1999, pp. 88–89, 「宇宙大戦争」
  2. ^ a b c d e 東宝特撮映画大全集 2012, p. 42, 「『宇宙大戦争』」
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m 映画資料室”. viewer.kintoneapp.com. 2022年2月17日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n 円谷英二特撮世界 2001, pp. 64–65, 「宇宙大戦争」
  5. ^ a b c d e f g h 東宝特撮映画全史 1983, p. 545, 「東宝特撮映画作品リスト」
  6. ^ a b c d e 日本特撮映画図鑑 1999, p. 118, 「宇宙大戦争」
  7. ^ a b c d e f g h i j 超常識 2016, pp. 224–227, 「宇宙空間や月面を舞台にした攻防戦 宇宙大戦争」
  8. ^ a b c ゴジラ大全集 1994, pp. 58–59, 「東宝特撮映画史 ゴジラ誕生 特撮路線の確立」
  9. ^ a b c 東宝特撮全怪獣図鑑 2014, p. 23, 「宇宙大戦争」
  10. ^ a b c d e f g h 東宝特撮映画全史 1983, pp. 170–171, 「東宝特撮映画作品史 宇宙大戦争」
  11. ^ a b c d e f g 東宝特撮映画大全集 2012, p. 43, 「『宇宙大戦争』作品解説/俳優名鑑」
  12. ^ a b c d e 全怪獣大図鑑 2021, p. 264.
  13. ^ a b c d e ゴジラ来襲 1998, p. 199, 「第7章 特選!東宝怪獣名鑑'98」
  14. ^ a b 怪獣大全集 1991, p. 68, 「東宝モンスター名鑑」
  15. ^ a b c d e f g h i j k l m n 東宝特撮映画大全集 2012, p. 44, 「『宇宙大戦争』怪獣図鑑/兵器図録/資料館」
  16. ^ a b ゴジラ大全集 1994, p. 192, 「東宝超兵器大辞典 【あ】」
  17. ^ a b ゴジラ大全集 1994, p. 172, 「総天然色 東宝空想絵画館 宇宙大戦争」
  18. ^ a b 東宝特撮超兵器画報 1993, p. 27, 「ナタール円盤」
  19. ^ 東宝特撮メカニック大全 2003, p. 48, 「1950s ナタール円盤/宇宙魚雷」
  20. ^ a b 東宝特撮映画全史 1983, pp. 176–177, 「東宝特撮映画作品史 宇宙大戦争」
  21. ^ a b c d 東宝特撮映画大全集 2012, p. 45, 「『宇宙大戦争』撮影秘話/川北監督に訊く」
  22. ^ a b c d e f g h i 東宝特撮超兵器画報 1993, pp. 28–29, 「スピップ号」
  23. ^ a b c d ゴジラ大全集 1994, pp. 194–195, 「東宝超兵器大辞典 【さ】」
  24. ^ a b c d e f g 全怪獣大図鑑 2021, p. 310.
  25. ^ a b c d e 東宝特撮映画全史 1983, pp. 174–175, 「東宝特撮映画作品史 宇宙大戦争」
  26. ^ 東宝特撮メカニック大全 2003, pp. 40–43, 「1950s スピップ号」
  27. ^ 東宝特撮映画全史 1983, pp. 172–173, 「東宝特撮映画作品史 宇宙大戦争」
  28. ^ a b c d 東宝特撮超兵器画報 1993, p. 63, 「月面探険車」
  29. ^ ゴジラ大全集 1994, p. 193, 「東宝超兵器大辞典 【か】」
  30. ^ a b 東宝特撮メカニック大全 2003, pp. 44–45, 「1950s 月面探険車/熱線砲」
  31. ^ a b 夢のかけら 東宝篇 2021, p. 107, 「原口智生×樋口真嗣」
  32. ^ 東宝特撮メカニック大全 2003, p. 47, 「1950s 宇宙ステーションJSS-3」
  33. ^ a b c d 夢のかけら 東宝篇 2021, p. 34, 「戦闘ロケット」
  34. ^ a b c 東宝特撮メカニック大全 2003, p. 46, 「1950s ロケット戦闘機」
  35. ^ ゴジラ大全集 1994, p. 196, 「東宝超兵器大辞典 【な】」
  36. ^ ゴジラ画報 1999, p. 95, 「東宝スーパーメカニクス1 パラボラ超兵器の系譜」
  37. ^ a b 東宝特撮映画全史 1983, p. 536, 「主要特撮作品配役リスト」
  38. ^ ゴジラ大全集 1994, p. 149, 「INTERVIEW 小泉一」
  39. ^ 東宝特撮メカニック大全 2003, p. 319, 「INTERVIEW 井上泰幸 髙木明法
  40. ^ 『特撮映画美術監督 井上泰幸』キネマ旬報社、2012年、91頁。ISBN 978-4-87376-368-2。「天井に穴を開けようとした『宇宙大戦争』」
  41. ^ 平凡社国民大百科事典』での解説より[要ページ番号]
  42. ^ 怪獣大戦争AC 2003, 該当時間: 0:14:40
  43. ^ 怪獣大戦争AC 2003, 該当時間: 0:17:07
  44. ^ 宇宙船』第12号、朝日ソノラマ、1982年、 80頁。
  45. ^ a b 日本特撮映画図鑑 1999, p. 140, 「東宝特撮作品 ビデオLDラインナップ 特撮シリーズ」
  46. ^ 『巨大ヒーロー大全集』講談社、1988年9月、134頁。ISBN 4-06178-410-2
  47. ^ 『超人画報 国産架空ヒーロー40年の歩み』竹書房/イオン編、竹書房、1995年11月30日、66頁。C0076。ISBN 4-88475-874-9

出典(リンク)編集

参考文献編集

外部リンク編集