メインメニューを開く

宇宙快速船』(うちゅうかいそくせん、Invasion of the Neptune Men[1] or The Space Greyhound[2])は、1961年日本映画サブタイトルは『アイアンシャープ』。主演千葉真一監督太田浩児製作ニュー東映モノクロ東映スコープ、75分。

宇宙快速船
Invasion of the Neptune Men
The Space Greyhound
宇宙快速船.jpg
監督 太田浩児
脚本 森田新
原案 渡辺昭洋
出演者 千葉真一
松本克平
水上竜子
音楽 鏑木創
撮影 藤井静
編集 鈴木寛
製作会社 日本の旗 ニュー東映
配給 日本の旗 東映
アメリカ合衆国の旗 ウォルター・マンレイ・エンタープライジーズ
公開 日本の旗 1961年7月19日
アメリカ合衆国の旗 1962年特別番組で放映[1]
上映時間 75分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語英語
テンプレートを表示

目次

解説編集

スーパーヒーローであるアイアンシャープが地球侵略を諮る宇宙人と戦う物語を、SFアクション特撮で描いた作品[2]千葉真一主演第3作でテレビドラマナショナルキッド』を土台として映画化された[3]。千葉の華麗なアクションと特撮による都市破壊シーンが話題となり[2]、ラスト20分は臨場感あふれる展開が繰り広げられている[3]

タイトルにもなっている宇宙快速船は、ミニチュアとスポーツカーを改造した実車で表現している[4]

日本では1961年7月19日に公開され、アメリカ合衆国では1962年ウォルター・マンレイ・エンタープライジーズ配給により、特別番組として『Invasion of the Neptune Men』(インベージョン・オブ・ザ・ネプチューン・メン)のタイトルで放映された[1]

レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのアルバム「バトル・オブ・ロサンゼルス」の1曲目「テスティファイ - Testify」のミュージック・ビデオには、本作から宇宙人の来襲と逃げ惑う地球人のシーンが流用されている。

2005年4月21日に東映ビデオよりDVDが発売された[5]

ストーリー編集

少年宇宙研究会の子供たちと交流する宇宙科学者の立花真一は、ちょっと頼りないが、気立ては優しい青年である。ある日、少年たちは宇宙船から出現した謎の宇宙人たちと遭遇し、旋風とともに現れた謎のスーパーヒーローに救われる。少年たちは宇宙人の出現を訴えようとするが、大人たちはなかなか信じようとしない。やがて、現場に残留する金属片が宇宙の物質であるロギウムとパニウムと判明し、真一と彼の恩師・谷川博士たちによって分析された結果、地球侵略を企む海王星人の襲来が予見される。

宇宙船の攻撃を受けて危機に陥った地球は最強の科学防御壁であるエレキ・バリアで対抗するが、海王星人たちはバリアの停止を企てて地球に潜入する。そこへ再びヒーローが現れ、海王星人と対決する。アイアンシャープと呼ばれるその正体は依然として謎だったが、彼こそは高度な科学力とすぐれた肉体で地球の平和を守る勇者だった。アイアンシャープは陸海空を自在に活動する宇宙快速船に乗り込み、総攻撃を開始した複数の小型宇宙船を迎え撃つ。

キャスト編集

 
海王星人と戦うアイアンシャープ(千葉真一)

スタッフ編集

脚注編集

  1. ^ a b c 『超人画報 国産架空ヒーロー40年の歩み』 竹書房 / イオン編、竹書房1995年11月30日、53頁。C0076。ISBN 4-88475-874-9
  2. ^ a b c 宇宙快速船”. 日本映画製作者連盟. 2012年8月19日閲覧。
  3. ^ a b 宇宙快速船”. 東映チャンネル. 2013年8月1日閲覧。
  4. ^ 「特集企画 スーパー戦隊その極意 Volume7 実車マシンの意義」『スーパー戦隊 Official Mook 21世紀 Vol.7 獣拳戦隊ゲキレンジャー講談社〈講談社シリーズMOOK〉、2017年10月10日、30頁。ISBN 978-4-06-509518-8
  5. ^ 「Visual Radar」、『宇宙船』Vol.118(2005年5月号)、朝日ソノラマ2005年5月1日、 105頁、 雑誌コード:01843-05。

外部リンク編集