メインメニューを開く

宇田 道隆(うだ みちたか、1905年1月13日 - 1982年5月10日)は昭和期の海洋物理水産海洋学者

宇田 道隆
生誕 1905年1月13日
日本の旗 日本高知県
死没 (1982-05-10) 1982年5月10日(77歳没)
国籍 日本の旗 日本
研究分野 海洋学
出身校 東京帝国大学
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

経歴編集

高知県に生まれ、東京帝国大学物理学科卒業。1927年農林省水産講習所(現東京水産大学)に入り水産試験場に移り、田内森三郎の指導を受ける。当時としては画期的な総合海洋観測である北太平洋日本近海一斉海洋調査の企画、推進、観測にあたり大きな成果を収めた。以後、神戸長崎海洋気象台長、東海区水産研究所長、東京水産大学・東海大学教授を歴任、日本海洋学会水産海洋研究会会長にも選出された。日本近海、北西太平洋の海況の物理的解明に努力し、潮目冷水塊、海洋・気象相関、亜熱帯反流の発見などで業績を上げる。また、日本の漁場学、水産海洋学の基礎確立に尽力し、後進の指導にも熱心であった。

1939年 東京大学理学博士「Researches on "siome" or current rip in the seas and oceans(海洋の潮目の研究)」。

寺田寅彦の門下で歌人としても知られる。