宇部市俵田翁記念体育館

日本の体育館

宇部市俵田翁記念体育館(うべしたわらだおうきねんたいいくかん)は、山口県宇部市にある宇部市有の体育館。公益財団法人宇部市体育協会を代表者とする「宇部市体育協会グループ」が指定管理者として管理を行っている[1]1959年(昭和34年)完成。

宇部市俵田翁記念体育館
Tawarada-O-MemorialGym.jpg
施設情報
正式名称 宇部市俵田翁記念体育館
用途 屋内競技施設
収容人数 3,000人(固定席)
建築主 宇部興産
事業主体 宇部市
管理運営 (公財)宇部市体育協会
竣工 1959年(昭和34年)7月
所在地 755-0026
山口県宇部市恩田町四丁目一番一号
位置 北緯33度56分48.6秒 東経131度16分20.0秒 / 北緯33.946833度 東経131.272222度 / 33.946833; 131.272222 (宇部市俵田翁記念体育館)座標: 北緯33度56分48.6秒 東経131度16分20.0秒 / 北緯33.946833度 東経131.272222度 / 33.946833; 131.272222 (宇部市俵田翁記念体育館)
テンプレートを表示

概要編集

宇部興産初代社長の俵田明を顕彰し、同社の創立60周年記念事業として建設され、宇部市に寄付された施設である。恩田運動公園の一角(北端)にあるが、条例(宇部市体育施設条例、平成17年9月28日条例第37号)上は恩田運動公園の各施設とは別の施設の扱いとなっている。但し、指定管理上は恩田運動公園の各施設と一体的に管理されている[1]

2011年平成23年)に開催のおいでませ!山口国体ではバレーボール(少年男子)の主会場となっており、2010年(平成22年)1月から改修工事、2018年から2019年にかけて耐震化工事が行われ、それぞれ休館となった。

不定期でライジングゼファーフクオカの公式戦(いずれもbjリーグ時代)が開催されており、2021年からB3.LEAGUEに所属している山口ペイトリオッツのホームアリーナになっている。

施設概要編集

  • 利用可能時間 - 午前8時から午後10時
  • 休館日 - 12月29日から1月3日
  • 駐車場 - 111台
  • アリーナ面積 - 40m×40m
  • 収容人員
アリーナ - 4,000人
観客席 - 3,000人
  • バレーボール - 2面
  • バスケットボール - 2面
  • バドミントン・インディアカ・ソフトバレー - 8面
  • 卓球 - 30台
  • テニス - 2面
  • 剣道・体操・講演会等

交通アクセス編集

  • JR宇部線 東新川駅下車徒歩18分
  • 宇部市交通局 めぐりーな(東部市内循環線)「恩田運動公園」バス停下車徒歩5分
  • 宇部市交通局 東方面 「恩田」バス停下車徒歩7分

出典編集

  1. ^ a b 指定管理者制度の導入施設一覧”. 宇部市公式サイト. 2021年7月22日閲覧。

関連項目編集

  • 渡辺翁記念会館 - 宇部興産の前身である冲ノ山炭鉱組合創業者の渡辺祐策を顕彰するために宇部興産の前身企業7社が建設し宇部市に寄付した文化ホール。

外部リンク編集