メインメニューを開く

宇都宮オークラ劇場(うつのみやオークラげきじょう、: UTSUNOMIYA OKURA GEKIJYO)は、かつて存在した日本の映画館である。大蔵映画株式会社が経営・運営し、おもに成人映画を上映した。所在地は栃木県宇都宮市塙田3丁目5番21号。2014年(平成26年)8月29日に閉館した。

宇都宮オークラ劇場
UTSUNOMIYA OKURA GEKIJYO
宇都宮オークラ劇場
情報
正式名称 宇都宮オークラ劇場
完成 1971年12月15日
開館 1971年12月24日
閉館 2014年8月29日
収容人員 104人
客席数 72席[1][2]
設備 シネフォワード(日本電子光学)製 6000feet仕様35mm映写機[3]
用途 ピンク映画上映
運営 大蔵映画株式会社[4]
所在地 320-0027
日本の旗 日本 栃木県宇都宮市塙田3-5-21[1]
位置 北緯36度33分46.6秒 東経139度53分14.6秒 / 北緯36.562944度 東経139.887389度 / 36.562944; 139.887389座標: 北緯36度33分46.6秒 東経139度53分14.6秒 / 北緯36.562944度 東経139.887389度 / 36.562944; 139.887389
アクセス JR宇都宮駅 徒歩15分
東武宇都宮駅 徒歩10分
無料駐車場 4台[1]
外部リンク http://utsunomiyaokura.blog.fc2.com/

目次

特徴編集

  • 姉妹館の上野オークラ劇場横浜光音座IIが封切館なのに対し、2-3か月遅れで新作が上映される下番館であった。3本立て興行とし、入れ替え制を採用していなかった。
  • 毎週土曜日のオープン時に上映作品が3本とも変更となった。
  • 毎週金曜日、土曜日はオールナイト上映しており、晩年は女装カップルの利用者も増加していた。

歴史編集

  • 1971年 - 大蔵貢大蔵映画株式会社により新設オープン[4]。当初より成人映画館としてピンク映画を上映した。
  • 2009年 - 同社が経営・運営する上野スタームービーの閉館に伴い、座席(シート)を上野から移設・交換しリニューアルした。
  • 2014年8月29日 - 閉館。建物は直ちに解体され、2016年現在は裏手にある「飯田病院」の駐車場の一部となっている。

支配人編集

  1. 佐々木辰雄 (1971年12月24日 - 1980年2月19日)
  2. 内山哲也 (1980年2月20日 - 1999年1月26日)
  3. 小山賢司 (1999年2月1日 - 2003年3月25日)
  4. 石田圭 (2003年3月26日 - 2012年3月31日)
  5. 大蔵貢一郎 (2012年4月1日 - 2013年3月31日)
  6. 市川博 (2013年4月1日 - 2014年8月31日)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 公式ブログより。
  2. ^ 右記によれば70席。宇都宮オークラ劇場”. 大蔵映画株式会社. 2014年7月17日閲覧。
  3. ^ 宇都宮オークラ劇場 (2012年7月15日). “映写機のご紹介”. FC2. 2014年7月17日閲覧。
  4. ^ a b 宇都宮オークラ劇場”. 大蔵映画株式会社. 2014年7月17日閲覧。

関連項目編集

出典・外部リンク編集