宇都宮貞綱

鎌倉時代中・後期の武将。宇都宮氏8代。興禅寺開基。元寇の弘安の役の総大将。従五位上、三河守、下野守、備前権守。鎌倉幕府 引付衆。子に高貞(公貞・綱世)

宇都宮 貞綱(うつのみや さだつな)は、鎌倉時代中・後期の武将鎌倉幕府御家人宇都宮氏第8代当主。宇都宮景綱の子[1][2]。母は安達義景の娘[1]興禅寺を開基したことで知られる。北条氏得宗家(鎌倉幕府第9代執権)の北条貞時偏諱を受けて[5]貞綱と名乗る。

 
宇都宮貞綱
時代 鎌倉時代中期 - 後期
生誕 文永3年(1266年[1]
死没 正和5年7月25日1316年8月13日[1]
改名 貞綱、蓮昇(法名)[1][2]
官位 従五位[1][2]三河守[1][2]下野[1][2]備前権守[1][2]
幕府 鎌倉幕府 引付衆[1][2]
氏族 宇都宮氏
父母 父:宇都宮景綱[1][2]、母:安達義景の娘[1]
兄弟 貞綱、三鶴丸(三観丸)[2]泰宗[2]
北条長時の娘[3]
高綱(公綱)[2][3]、高貞(公貞・綱世)[2][4]冬綱
テンプレートを表示

略歴編集

弘安4年(1281年)の元寇弘安の役では8代執権・北条時宗の命を受けて山陽山陰の6万もの御家人を率いて総大将として九州に出陣した[1]その功績により戦後、引付衆の一人に任じられた[1]

時宗の死後は北条貞時に仕えて嘉元3年(1305年)、嘉元の乱では貞時の命を受けて北条宗方誅殺に協力した[1]

正和元年(1312年)、亡母の13回忌に全国的にも珍しい巨大鉄製塔婆を奉納した(宇都宮市清巌寺蔵:国の重要文化財)と言われている。

正和5年(1316年)7月25日、51歳にて死去した[1]。法名は蓮昇[1][2]、法号は興禅寺。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 安田 1990, p. 81, 岡田清一「宇都宮貞綱」
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 黒板勝美; 国史大系編修会 編 『新訂増補 國史大系 尊卑分脉 第1篇』吉川弘文館 
  3. ^ a b 安田 1990, p. 81, 岡田清一「宇都宮公綱」
  4. ^ 宇都宮高貞に関しては芳賀高貞と同一人物で芳賀高名(禅可)の養子となったとする説もある(芳賀高貞」 『デジタル版 日本人名大辞典+Plus』http://kotobank.jp/word/%E8%8A%B3%E8%B3%80%E9%AB%98%E8%B2%9E 
  5. ^ 江田 2011, p. 9, 「総論 下野宇都宮氏」.

参考文献編集