宇野 弘久(うの ひろひさ)は、安土桃山時代から江戸時代初期の武将毛利氏の家臣。父は宇野元弘、兄に宇野元房、弟に宇野弘通

 
宇野弘久
時代 安土桃山時代 - 江戸時代初期
生誕 天正元年(1573年
死没 寛永6年3月27日1629年5月19日
別名 通称:源太、右衛門、甚右衛門、神右衛門
主君 毛利輝元秀就
氏族 多々良姓大内氏庶流宇野氏
父母 父:宇野元弘
兄弟 元房弘久弘通
就詮就久
テンプレートを表示

生涯編集

天正元年(1573年)、毛利氏家臣・宇野元弘の次男として生まれる。

慶長19年(1614年11月8日に父・元弘が死去し、その後を継いだ。

寛永6年(1629年3月27日に死去。享年57。長男の就詮は弘久とは別に禄を与えられて別家を興したため、次男の就久が弘久の後を継いだ。

参考文献編集

  • 萩藩閥閲録』巻61「宇野与一右衛門」、巻96「宇野忠右衛門」、巻130「宇野源兵衛」