宇野祥平

日本の俳優

宇野 祥平(うの しょうへい、1978年2月11日 - )は、日本俳優大阪府出身。アノレ所属。

うの しょうへい
宇野 祥平
本名 宇野 祥平
生年月日 (1978-02-11) 1978年2月11日(43歳)
出生地 日本の旗 日本大阪府
身長 169 cm
血液型 A型
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 2000年 -
事務所 アノレ
公式サイト プロフィール
主な作品
テレビドラマ
深夜食堂』シリーズ
君と世界が終わる日に
映画
オカルト
本気のしるし〈劇場版〉
罪の声
 
受賞
日本アカデミー賞
優秀助演男優賞
2020年『罪の声』
その他の賞
ひろしま映像展
演技賞
2005年『女』『鵜野』
ヨコハマ映画祭
助演男優賞
2020年『罪の声』『本気のしるし〈劇場版〉』
毎日映画コンクール
男優助演賞
2020年『罪の声』
キネマ旬報ベスト・テン
助演男優賞
2020年『罪の声』ほか
おおさかシネマフェスティバル
助演男優賞
2020年『罪の声』
日本映画批評家大賞
助演男優賞
2020年『罪の声』
テンプレートを表示

映画を中心に活動しており、映画化され、宇野自身も出演した『俳優 亀岡拓次』の主人公のモデルの一人[1]

経歴編集

叔父の紹介で生花店で働いているときに、心から花が好きで花屋をしている店主に感化され、自分も好きなことを仕事にしようと考えて映画の道に進む。梅田ビジュアルアーツ専門学校の放送映画科に入学し、昼間ボートレース場で大型ビジョンに映像を映すアルバイトをして夜に学校に通い、その後に仲間と自主映画を制作するという生活を送った[2]

2000年の映画『絵里に首ったけ』で、急に降板した役者の代役として俳優デビュー。2002年に上京して、録音スタジオの中にある喫茶店でアルバイトをしながら俳優を目指した。

2008年、『オカルト』で初主演。

アズランド所属を経て、2017年よりアノレ所属。

2020年公開の映画『罪の声』の演技でキネマ旬報ベスト・テンなど、複数の助演男優賞を受賞する高い評価を得た。

人物編集

交友関係編集

バンドのTHE イナズマ戦隊とは高校の野球部時代の先輩・後輩の仲である[3]。2021年1月は、メンバーの提案により、同バンドの楽曲「世明けのうた」のミュージック・ビデオに出演した[3][4]

西尾孔志は専門学校時代の自主映画制作仲間の一人である[5]

受賞歴編集

出演編集

映画編集

テレビドラマ編集

配信ドラマ編集

CM編集

オリジナルビデオ編集

舞台編集

  • あうるすぽっとプロデュース公演『季節のない街』(2012年10月4日 - 6日、脚色・演出:戌井昭人
  • はえぎわpresents 真夜中『鳥ト踊る』(2012年10月26日 - 31日、演出:ノゾエ征爾

劇場アニメ編集

ミュージック・ビデオ編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 2019年3月2日、劇場公開(再上映)された[12]
  2. ^ 同年6月18日より青森県で先行公開予定[39]

出典編集

  1. ^ “安田顕演じた「亀岡拓次」のモデルとなった、俳優・宇野祥平ってどういう人?”. 映画.com. (2016年2月17日). http://eiga.com/news/20160217/18/ 2017年12月3日閲覧。 
  2. ^ 映画「亀岡拓次」のモデル 宇野祥平は6畳一間の居候が原点|役者・芸人「貧乏物語」”. 日刊ゲンダイDIGITAL. 2018年8月1日閲覧。
  3. ^ a b THEイナズマ戦隊; 宇野祥平 (2021年1月18日). イナ戦「世明けのうた」MVで共演した野球部時代の先輩、俳優・宇野祥平との部室の匂い漂う対談インタビュー公開. インタビュアー:平賀哲雄. Billboard JAPAN.. http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/96128/2 2021年1月30日閲覧。 
  4. ^ a b 溝口元海 (2020年12月28日). “THEイナズマ戦隊、“生きてこそ”が形になった「世明けのうた」MV”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). https://www.barks.jp/news/?id=1000194572 2021年1月30日閲覧。 
  5. ^ 関西インディーズ界の裏番長がついに姿を現す!UPLINKニューディレクターズシリーズに西尾孔志監督登場”. webDICE. 2020年10月6日閲覧。
  6. ^ 第42回ヨコハマ映画祭 2020年日本映画個人賞、ヨコハマ映画祭、2020年12月7日閲覧。
  7. ^ “【男優助演賞】「罪の声」宇野祥平 今まで出会ってきた人の「声」を大事に”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2021年1月22日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/01/22/kiji/20210122s00041000077000c.html 2021年1月30日閲覧。 
  8. ^ “第44回日本アカデミー賞は大激戦 「Fukushima50」「罪の声」が最多12受賞”. 映画.com (エイガ・ドット・コム). (2021年1月27日). https://eiga.com/news/20210127/1/ 2021年1月27日閲覧。 
  9. ^ “蒔田彩珠がキネ旬助演賞に「とても幸せ」、宇野祥平は自身を救った“映画”へ感謝”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2021年2月4日). https://natalie.mu/eiga/news/415075 2021年2月4日閲覧。 
  10. ^ “「一度も撃ってません」が監督賞など3冠に 「おおさかシネマフェスティバル」”. デイリースポーツ. (2021年2月12日). https://www.daily.co.jp/gossip/2021/02/12/0014075578.shtml 2021年3月19日閲覧。 
  11. ^ “「星の子」が日本映画批評家大賞の作品賞に、主演女優賞・のんからコメントも”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2021年3月10日). https://natalie.mu/eiga/news/419527 2021年3月19日閲覧。 
  12. ^ “岡部哲也監督作『歯まん』2019年春に再上映決定 山下敦弘監督らのコメント&新場面写真も公開”. Real Sound (株式会社blueprint). (2018年9月10日). https://realsound.jp/movie/2018/09/post-248462.html 2021年1月30日閲覧。 
  13. ^ 安田顕主演作『俳優 亀岡拓次』に麻生久美子、新井浩文らが出演”. ORICON STYLE (2015年9月28日). 2015年9月28日閲覧。
  14. ^ “キャスト”. 映画「セーラー服と機関銃 -卒業-」公式サイト. http://sk-movie.jp/cast/ 2016年4月27日閲覧。 
  15. ^ “石倉三郎の初主演映画「つむぐもの」、追加キャストに吉岡里帆や宇野祥平ら”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2015年11月13日). https://natalie.mu/eiga/news/166569 2021年1月30日閲覧。 
  16. ^ “柄本佑の監督作「ムーンライト下落合」公開、加瀬亮と宇野祥平による会話劇”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2017年10月5日). https://natalie.mu/eiga/news/251563 2021年1月30日閲覧。 
  17. ^ “柄本佑監督『ムーンライト下落合』劇場公開 加瀬亮×宇野祥平の会話劇”. CINRA.NET (株式会社 CINRA). (2017年10月5日). https://www.cinra.net/news/20171005-moonlightshimoochiai 2021年1月30日閲覧。 
  18. ^ “中井貴一×佐々木蔵之介「嘘八百」第2弾に山田裕貴、冨手麻妙ら追加キャスト16人”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年3月9日). https://natalie.mu/eiga/news/323176 2021年1月30日閲覧。 
  19. ^ “白石晃士の新作短編「恋のクレイジーロード」公開、ボイメン田中俊介や宇野祥平出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年5月4日). https://natalie.mu/eiga/news/280733 2021年1月30日閲覧。 
  20. ^ “女装男が殺人鬼、恋の地獄絵図 白石晃士監督『恋するけだもの』8月公開”. CINRA.NET (株式会社 CINRA). (2020年1月28日). https://www.cinra.net/news/20200128-koisurukedamono 2021年1月30日閲覧。 
  21. ^ “白石晃士×田中俊介「恋のクレイジーロード」リブート版「恋するけだもの」公開決定”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2020年1月28日). https://natalie.mu/eiga/news/364982 2021年1月30日閲覧。 
  22. ^ “生田斗真×瑛太「友罪」に佐藤浩市、夏帆、山本美月、富田靖子ら21名参加”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2017年11月17日). https://natalie.mu/eiga/news/257031 2021年1月30日閲覧。 
  23. ^ “「焼肉ドラゴン」に大谷亮平が出演、桜庭ななみ扮する美花と秘密の恋繰り広げる”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年2月16日). https://natalie.mu/eiga/news/269984 2021年1月30日閲覧。 
  24. ^ “瀬々敬久監督「菊とギロチン」主演に新人・木竜麻生が大抜てき! 東出昌大と共演”. 映画.com (エイガ・ドット・コム). (2016年10月22日). https://eiga.com/news/20161022/11/ 2021年1月30日閲覧。 
  25. ^ “大森南朋&宇野祥平、野尻克己監督作『鈴木家の嘘』出演へ 大森「幸せな気持ちでいっぱいです」”. Real Sound (株式会社blueprint). (2018年3月11日). https://realsound.jp/movie/2018/03/post-169394.html 2021年1月30日閲覧。 
  26. ^ “大泉洋の主演作「こんな夜更けにバナナかよ」に萩原聖人、渡辺真起子ら出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年8月7日). https://natalie.mu/eiga/news/294259 2021年1月30日閲覧。 
  27. ^ “夏帆×武正晴監督×脚本・足立紳「きばいやんせ!私」鹿児島でクランクイン”. 映画.com (エイガ・ドット・コム). (2018年3月6日). https://eiga.com/news/20180306/2/ 2021年1月30日閲覧。 
  28. ^ “堀田真由主演「プリズン13」板野友美や前野朋哉らキャスト13名解禁”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年6月28日). https://natalie.mu/eiga/news/337604 2021年1月30日閲覧。 
  29. ^ “瀬戸かほ×宇野祥平×深水元基 越川道夫監督『愛の小さな歴史』10月公開”. CINRA.NET (株式会社 CINRA). (2019年7月31日). https://www.cinra.net/news/20190731-aireki 2021年1月30日閲覧。 
  30. ^ “「酔うと化け物になる父がつらい」恒松祐里、濱正悟、浜野謙太ら全キャスト解禁”. コミックナタリー (ナターシャ). (2019年4月8日). https://natalie.mu/comic/news/327111 2021年1月30日閲覧。 
  31. ^ “「岬の兄妹」和田光沙が夫を亡くした女性演じる「パラダイス・ロスト」3月公開”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2020年1月8日). https://natalie.mu/eiga/news/362306 2021年1月30日閲覧。 
  32. ^ “村上虹郎「銃」を新たな視点で描く物語、20年公開 日南響子、佐藤浩市、加藤雅也が共演”. 映画.com (エイガ・ドット・コム). (2020年4月30日). https://eiga.com/news/20200430/8/ 2021年1月30日閲覧。 
  33. ^ トライワークス (2020年5月26日). “亀梨和也主演『事故物件 恐い間取り』に総勢18名の追加キャスト!特報映像も公開”. Movie Walker (ムービーウォーカー). https://movie.walkerplus.com/news/article/1002376/ 2021年1月30日閲覧。 
  34. ^ 石井百合子 (2020年11月13日). “『罪の声』宇野祥平、10キロ減量の熱演に反響!小市民からサイコパスまで、熟練の名バイプレーヤー”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0119614 2021年1月30日閲覧。 
  35. ^ “菅田将暉×有村架純ダブル主演作の新キャストが一挙解禁、押井守は“神”に”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2020年10月12日). https://natalie.mu/eiga/news/400097 2021年1月30日閲覧。 
  36. ^ “富司純子×シム・ウンギョン「椿の庭」縁側で寄り添う祖母と孫写したビジュアル公開”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2020年9月29日). https://natalie.mu/eiga/news/398327 2021年1月30日閲覧。 
  37. ^ “名脇役100人で「バイプレイヤーズ」映画化! 第1弾キャスト41人を一挙発表”. 映画.com (エイガ・ドット・コム). (2020年11月27日). https://eiga.com/news/20201127/2/ 2021年1月30日閲覧。 
  38. ^ “和田聰宏、大東駿介、山口紗弥加、藤原季節、宇野祥平ら、菅野美穂主演『明日の食卓』出演”. Real Sound (blueprint). (2021年3月2日). https://realsound.jp/movie/2021/03/post-715819.html 2021年3月19日閲覧。 
  39. ^ “映画「いとみち」来年6月に青森県内で先行上映”. 東奥日報 (東奥日報社). (2020年12月1日). https://www.toonippo.co.jp/articles/-/444751 2021年1月30日閲覧。 
  40. ^ “駒井蓮がメイド服でジャンプ 横浜聡子監督『いとみち』ティザービジュアル”. CINRA.NET (株式会社 CINRA). (2020年9月30日). https://www.cinra.net/news/20200930-itomichi 2021年1月30日閲覧。 
  41. ^ “入江悠「シュシュシュの娘」主演は福田沙紀!吉岡睦雄、根矢涼香、井浦新らが共演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2020年9月24日). https://natalie.mu/eiga/news/397803 2021年1月30日閲覧。 
  42. ^ “鈴木拡樹×清原翔のドラマ「虫籠の錠前」に宇野祥平、定本楓馬、松本享恭ら出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年12月21日). https://natalie.mu/eiga/news/313131 2021年1月30日閲覧。 
  43. ^ “三浦貴大&夏帆、隔週ダブル主演『ひとりキャンプ』出演者17人発表”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年10月10日). https://www.oricon.co.jp/news/2146295/full/ 2021年1月30日閲覧。 
  44. ^ “柳楽優弥×有村架純×三浦春馬が共演、ドラマ「太陽の子」終戦記念日に放送”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2020年3月16日). https://natalie.mu/eiga/news/371435 2021年1月30日閲覧。 
  45. ^ Corporation, 株式会社テレビ東京-TV TOKYO (日本語), 第2話|ストーリー|【ドラマ24】あのコの夢を見たんです。, https://www.tv-tokyo.co.jp/anoyume/story/02.html 2020年11月17日閲覧。 
  46. ^ “飯豊まりえ主演ドラマ、ポスタービジュアル&全追加キャスト解禁!<そのご縁、お届けします>”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2020年10月16日). https://thetv.jp/news/detail/246344/ 2021年1月30日閲覧。 
  47. ^ “バイプレイヤーズ:第3話 コンプライアンス違反を指摘され…滝藤賢一が降板 寺島しのぶ、観月ありさも登場”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2021年1月22日). https://mantan-web.jp/article/20210121dog00m200061000c.html 2021年1月30日閲覧。 
  48. ^ “宇野祥平『きみセカ』出演決定 謎に包まれた“世捨て人”役に「醍醐味を味わいながら演じたい」”. ORICON NEWS (oricon MR). (2021年2月14日). https://www.oricon.co.jp/news/2184517/full/ 2021年3月19日閲覧。 
  49. ^ “『向こうの果て』松本まりかを取り巻く6人の男に松下洸平・柿澤勇人・宇野祥平ら”. クランクイン! (ハリウッドチャンネル). (2021年3月14日). https://www.crank-in.net/news/87276/1 2021年3月19日閲覧。 
  50. ^ “ドラマ「ルームロンダリング」ゲスト幽霊キャストに矢本悠馬、生駒里奈、宇野祥平 主題歌は在日ファンク「或いは」に決定!” (プレスリリース), 株式会社蔦屋書店, (2018年10月16日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000640.000018760.html 2021年1月30日閲覧。 
  51. ^ Character&Cast”. 映画「岬のマヨイガ」 公式サイト. 2021年8月1日閲覧。
  52. ^ GENERATIONS「DREAMERS」MVはドラマ仕立ての11分超え”. 音楽ナタリー (2019年7月31日). 2019年11月7日閲覧。
  53. ^ “銀杏BOYZ「エンジェルベイビー」MV公開、監督は松居大悟”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2017年7月19日). https://natalie.mu/music/news/241434 2021年1月30日閲覧。 

外部リンク編集