メインメニューを開く

守中高明

守中 高明(もりなか たかあき、1960年3月1日 - )は、日本の詩人早稲田大学法学学術院教授。専門は、現代フランス文学・思想、比較詩学。浄土宗の僧侶でもある(専念寺・住職)。妻は「未来」所属の歌人守中章子豊崎光一の妻であった。[1])。

目次

略歴編集

東京都新宿区出身。1975年学習院中等科卒業、1978年同・高等科卒業、1984年学習院大学文学部フランス文学科卒業、1991年学習院大学大学院人文科学研究科博士後期課程単位取得満期退学。学習院大学、東京理科大学玉川学園女子短期大学多摩美術大学などの非常勤講師を経て、2001年早稲田大学法学部助教授、2006年より教授。

所属学会編集

  • 日本フランス語フランス文学会
  • 社会思想史学会

著書編集

単著編集

  • 『反=詩的文法』(思潮社、1995年)
  • 脱構築』(岩波書店、1999年)
  • 『存在と灰──ツェラン、そしてデリダ以後』(人文書院、2004年)
  • 『法』(岩波書店、2005年)
  • 『終わりなきパッション──デリダ、ブランショ、ドゥルーズ』(未来社、2012年)
  • 『ジャック・デリダと精神分析──耳・秘密・灰そして主権』(岩波書店、2016年)

共著編集

詩集編集

  • 『砂の日』(思潮社、1991年)
  • 『未生譚』(思潮社、1992年、第3回歴程新鋭賞受賞)
  • 『二人、あるいは国境の歌』(思潮社、1997年)
  • 『守中高明詩集』(現代詩文庫、思潮社、1999年)
  • 『シスター・アンティゴネーの暦のない墓』(思潮社、2001年、第2回山本健吉文学賞詩部門受賞)
  • 『系族』(思潮社、2009年)

翻訳編集

編集

  1. ^ 『文藝年鑑』で豊崎の著作権継承者、豊崎の新聞訃報で喪主・妻章子とある。

外部リンク編集