メインメニューを開く

守安祥太郎

日本のジャズ・ピアニスト (1924-1955)

守安 祥太郎(もりやす しょうたろう、1924年1月5日 - 1955年9月28日)は、日本のジャズピアニスト

守安 祥太郎
生誕 (1924-01-05) 1924年1月5日
出身地 日本の旗 日本 東京都
死没 (1955-09-28) 1955年9月28日(31歳没)
ジャンル ビバップ
担当楽器 ピアノ
活動期間 1949年 - 1955年

初期モダンジャズビバップを日本でいち早く体得した先駆者であったが、早世によって録音がほとんど残されていないことから「幻のピアニスト」とも評されている。

目次

略歴編集

東京都出身。慶應義塾大学経済学部から同大学院に進む[1]。学生時代からクラシックピアノに親しみ、大学時代はヨット部の主将だった。ジャズに興味を持ち始めたのは社会人になってからだという。

1949年から、プロのピアニストとして活動開始。1950年代には、五十嵐武要ドラム)らと共にレギュラー・トリオを編成。当時の日本のジャズ界では、まだビバップというジャンルは浸透していなかったため、守安の演奏は全く新しいジャズとしてミュージシャンの間で話題となった。しかし進歩的すぎるがゆえに、大衆の支持を得る存在にはなれなかった。

音楽理論にも精通しており、理論的な方面からもビバップを解析して周囲の日本人ミュージシャンにレクチャーするなど、指導者的立場にあった。チャーリー・パーカーのめまぐるしい超絶演奏を正確に採譜して、渡辺貞夫を驚かせたというエピソードもある。

1954年7月、横浜市伊勢佐木町のクラブ「モカンボ」で、伝説的なジャム・セッションを行う。守安を中心に、穐吉敏子渡辺貞夫宮沢昭ハナ肇植木等などが参加した。セッションは3日に及んだが、最終日の演奏はジャズファンの岩味潔が録音しており[2]、1970年代になって『幻の"モカンボ"セッション'54』として発売された。守安の録音はこの時のものしか現存しないが、閃きに満ちたソロと燃え上がるような奏法は、彼のビバップへの理解の深さを裏付けており、当時の熱気を伝える貴重な歴史資料となっている。

その後、ダブル・ビーツというジャズ・バンドに加入したが、ステージ受けを狙ってピアノに背を向けた後ろ手での演奏や、ピアノ鍵盤の蓋を閉めて指を挟まれた状態でも平気で演奏する(指の力が極めて強かった)などの超絶技巧・曲芸弾きを演じるなどの脱線ぶりも見せていた。

晩年には、音楽や生活への悩みから来るノイローゼの傾向があったという。

1955年9月28日日本国有鉄道山手線目黒駅で電車に飛び込み自殺した。31歳没。その死に際して遺書を残すことはしなかったが、自殺の原因は生活への不安、結婚への不安、さらに自らのバンドが売れないことへの悩みだったとされる[3]

教え子に、三保敬太郎がいる。

人柄編集

当時のジャズメンには珍しく、あまり女遊び(や麻薬への手出し)をしない真面目な性格で、地味な背広に縁なし眼鏡という出立ちは「銀行員」とも呼ばれた(もっとも、生前は売春防止法施行以前の時代で、友人と遊郭に連れ立って出かけたことがあるとの証言も残されている)。

脚注編集

  1. ^ 軍司貞則『ナベプロ帝国の興亡』p.69
  2. ^ 当時19歳の大学生だった岩味は、秋葉原で買い集めた中古部品で自作した重いテープレコーダーをモカンボの最前列に担ぎ込み、長時間のジャム・セッション中、過熱するレコーダーをうちわで扇ぎながら、必死に録音し続けたという。
  3. ^ 軍司貞則『ナベプロ帝国の興亡』p.71

関連書籍編集

外部リンク編集