守島 基博(もりしま もとひろ)は、日本経営学者。専門は人的資源管理論、労使関係論。慶應義塾大学大学院経営管理研究科教授、一橋大学大学院商学研究科教授を経て、学習院大学副学長[1]、一橋大学名誉教授。指導学生に島貫智行一橋大学教授などがいる[2]

経営行動科学学会会長厚生労働省労働政策審議会委員、財務省独立行政法人評価委員会委員、経済産業省産業構造審議会臨時委員[3]、厚生労働省中央労働委員会公益委員[4]組織学会評議員、東京財団仮想制度研究所(VCASI)フェロー、『日本の人事部「HRアワード」』[5]選考委員長[6]を歴任。1997年から独立行政法人労働政策研究・研修機構特別研究員。組織学会高宮賞受賞[7]

略歴編集

脚注編集

  1. ^ 「守島 基博 教授」学習院大学
  2. ^ [1]組織学会
  3. ^ a b 「中途入社後活躍調査」第1弾、中途入社者の定着・活躍には定期的な面談が最も有効読売オンライン2018年10月9日
  4. ^ https://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/gian/198/meisai/m198400198007.htm 第198回国会(常会)]参議院
  5. ^ 厚生労働省が後援する、人事・人材開発・労務管理などの分野におけるイノベーターを表彰する、表彰制度 - 日本の人事部「HRアワード」
  6. ^ 「HRアワード」選考委員会
  7. ^ 組織学会「高宮賞」” (jp). AAOS-組織学会 (2020年6月16日). 2021年1月15日閲覧。
  8. ^ 令和元年度 第 12 回 教育研究評議会議事要録一橋大学

関連項目編集

外部リンク編集