守澤 太志(もりさわ ふとし、1985年7月20日 - )は、秋田県大仙市出身の日本競輪選手[1]日本競輪学校(当時。以下、競輪学校)第96期生。日本競輪選手会青森支部所属(登録地は秋田県)。師匠は高橋里志(秋田・49期)。

守澤 太志
MORISAWA Futoshi
個人情報
生年月日 (1985-07-20) 1985年7月20日(38歳)
国籍 日本の旗 日本
身長 171cm
体重 75kg
チーム情報
所属 日本競輪学校(当時)
期別 96期
分野 競輪
役割 選手
特徴 自在
アマ所属チーム
大曲農業高校
プロ所属チーム
日本競輪選手会青森支部
グランツール最高成績
主要レース勝利
S級S班:2021-2023
最終更新日
2022年2月23日

来歴 編集

小学4年から中学までアルペンスキーと野球をしていた[2]

秋田県立大曲農業高等学校を卒業し、明治大学商学部に進学[3]。明大自転車部では長距離を得意とし、主将としてインカレのロードレースで優勝を果たすなど活躍したが[4][5]、競輪選手を目指し中退した[1]

競輪学校の入学試験に一発合格し[5]2008年5月に96期生として入学。2009年4月に卒業。在校成績は10位(24勝)[6]。同年7月18日青森競輪でデビューした。

2016年6月の久留米記念競輪でGIII初優勝[7]

2020年は賞金ランキングで9位となり、KEIRINグランプリ初出場(KEIRINグランプリ2020)を果たした[8]

前年のKEIRINグランプリに出場したことで、2021年は自身初となるS級S班格付けとなり、同年6月の別府記念では5年ぶり2度目のGIII優勝[9]。同年も賞金ランキングで上位(8位)となりKEIRINグランプリ出場を確定させた。直前に出走した広島記念でレース中に落車し鎖骨骨折という重傷を負うも、手術と懸命なリハビリでKEIRINグランプリ2021に出場し、翌2022年もS級S班格付けとなった。

2022年も賞金ランキングで5位となり、KEIRINグランプリの3年連続出場と、翌2023年のS級S班格付けを確定させた。

しかし2023年は思うような成績を上げられず、3年間守り続けたS級S班からの陥落が確定した[10]

その他 編集

  • 弟子に高橋大輝(秋田・111期)がいる。
  • 小学生時代、3歳上の姉の影響で吹奏楽部だった。担当楽器はトロンボーンだった[11]

脚注 編集

  1. ^ a b ケイリングランプリ初出場、大仙出身・守澤選手「1着取る」 - 秋田魁新報、2020年12月28日(2020年12月31日閲覧)
  2. ^ 守澤太志 KEIRINグランプリ2021【公式】
  3. ^ 【体育会自転車部】自転車部出身の現役競輪選手2名が28日~30日開催の「KEIRINグランプリ2020」に出場します! - MEIJI NOW、2020年12月23日
  4. ^ SS列伝 -KEIRIN BEST9- 守澤太志選手”. 競輪マルシェ. 2023年8月21日閲覧。
  5. ^ a b ロードレース出身の競輪選手・守澤太志インタビュー 【前編】KEIRINグランプリ2021”. More CADENCE (2021年12月28日). 2023年8月21日閲覧。
  6. ^ 第96期生 新人選手通信簿”. JKA. 2023年8月21日閲覧。
  7. ^ 守澤太志 記念初V/久留米競輪場 - KEIRIN STATION、2016年6月28日(2020年12月31日閲覧)
  8. ^ 12・30『KEIRINグランプリ』出場9選手決定 - サンケイスポーツ、2020年11月23日(2020年12月31日閲覧)
  9. ^ 守澤太志が2度目の記念制覇 ~別府競輪場~ - エンジョイプロスポーツ、2021年6月8日(2021年6月22日閲覧)
  10. ^ “【競輪】郡司浩平は準決敗退でS級S班から陥落決定 新田祐大と守沢太志もS班守れず/小倉G1”. 日刊スポーツ. (2023年11月25日). https://www.nikkansports.com/public_race/news/202311250001991.html 2023年11月26日閲覧。 
  11. ^ ちょっと異色な競輪選手!?「室内トレで強くなる」【後編】KEIRINグランプリ2021守澤太志インタビュー”. More CADENCE (2021年12月28日). 2023年8月21日閲覧。

関連項目 編集

外部リンク 編集