メインメニューを開く

守達神(もりたのかみ)は、長野県諏訪地方の民間伝承(諏訪信仰)の

守達神

神祇 国津神
全名 守達神
別名 安達神、宇達神
神階 従四位
神格 開拓神
建御名方神
八坂刀売神
高志奈男神美都多麻比売命
神社 諏訪大社守田神社
関連氏族 守矢氏
テンプレートを表示

概要編集

守達神を主祭神として祀る長野市七二会守田神社水内郡式内社守田神社の論社)では建御名方神の第五子とされ、水内開拓の祖神と伝わる。また『日本三代実録』貞観5年(863年)2月14日条に記される式外社宇達神と同神と考えられる。ただし宇達神を祀る長野市下宇木の宇達神社では、宇達神(宇逵神)は泥土立神の転訛と伝える。また明治初期に書かれた守矢氏の家系図『神長守矢氏系譜』の中では、守矢氏の二代目とされる守宅神の別名に守田ノ神を挙げ、同一視されることもある。

貞観五年二月に従五位下の「安達神」に従五位上を加授、同七年三月十二日に従五位上「宇達神」に従四位下を加授したと見え、これらはいずれも守達神とされる[1]

系譜編集

 
守矢氏の最初の五代
(洩矢神から八櫛神まで)

建御名方神八坂刀売神の子であり、子に高志奈男神美都多麻比売命がいる。

美都多麻比売命(美都玉比売命)は片倉辺命の子児玉彦命との間に八櫛神を生み、この神は守矢氏の五代目とされる[2]

祀る神社編集

宇達神を祀る神社編集

参考文献編集

  1. ^ 延川和彦「修補諏訪氏系図」『諏訪氏系図.正編』飯田好太郎、大正10年、15頁。
  2. ^ 「神長守矢氏系譜」『諏訪史料叢書.巻28』諏訪教育会、昭和11年、34頁。

関連項目編集