メインメニューを開く

守長(もりなが、生没年不詳)は、江戸時代浮世絵師

来歴編集

出自・経歴は一切不明。ニューオータニ美術館所蔵の肉筆美人画「月下美人図」(絹本着色)に「守長」の落款と「畫仙」の印章があり、この絵の作者として知られるのみである。文政の頃の作とされ、内容は「ぬしはまだ こまがたあたり ほととぎす」という俳句の意を表したものだという。

参考文献編集

  • ニューオータニ美術館編 『幻の浮世絵美人たち -大谷コレクション肉筆浮世絵-』 ニューオータニ美術館、1991年 ※153 - 154頁
  • 小林忠編 『肉筆浮世絵大観(8) ニューオータニ美術館』 講談社、1995年