メインメニューを開く

安井 豊作(やすい ほうさく、1960年 - )は、日本の映画批評家、映画監督である。

やすい ほうさく
安井 豊作
生誕 1960年(58–59歳)
日本の旗 日本東京都
別名 安井 豊
出身校 法政大学
職業 批評家映画監督
配偶者 受川千恵[1]

目次

経歴編集

アテネ・フランセ文化センターのキュレーター、『カイエ・デュ・シネマ・ジャポン』の編集委員、映画美学校の初代事務局長などを歴任[2]

2011年、著書『シネ砦 炎上す』を刊行し[3]、『映画芸術[4]東京新聞[5]『週刊読書人』で取り上げられた[6]。そのほか、共著に『黒沢清の映画術』がある[7]

2011年、法政大学学生会館の解体を捉えた灰野敬二出演の長編映画『Rocks Off』を監督した[8]

フィルモグラフィー編集

著書編集

単著編集

  • シネ砦 炎上す(2011年)[9]

共著編集

  • ロスト・イン・アメリカ(2000年)
  • 現代映画講義(2005年)
  • 黒沢清の映画術(2006年)

脚注編集

  1. ^ 受川千恵 (2004年4月29日). “イタリア映画祭2004レポート”. Nobody. 2013年6月2日閲覧。
  2. ^ たむらまさき青山真治『酔眼のまち ゴールデン街』朝日新聞社、2007年、156頁。
  3. ^ 黒岩幹子 (2012年1月3日). “『シネ砦 炎上す』を読んだ”. Nobody. 2013年6月2日閲覧。
  4. ^ 石川義正 (2012年1月26日). “書評 石川義正(文芸批評家)「シネ砦 炎上す」安井豊作”. 映画芸術. 2013年6月2日閲覧。
  5. ^ 福間健二 (2012年11月4日). “エーガ界に捧ぐ 完全版 中原昌也 著”. 東京新聞. 2013年6月2日閲覧。
  6. ^ 北小路隆志 (2012年3月23日). “著:安井豊作『シネ砦 炎上す』(以文社) 評:北小路隆志(映画評論家)”. 週刊読書人. 2013年6月2日閲覧。
  7. ^ 梅本洋一 (2006年8月2日). “『黒沢清の映画術』黒沢清、大寺真輔、安井豊”. Nobody. 2013年6月2日閲覧。
  8. ^ 田中竜輔 (2012年1月3日). “『Rocks Off』安井豊作 天使は至る所に”. Nobody. 2013年6月2日閲覧。
  9. ^ 映画・映像・音楽 - 以文社”. 以文社. 2013年6月30日閲覧。