安住寺(あんじゅうじ)は、岐阜県恵那市にある臨済宗妙心寺派寺院山号久昌山(きゅうしょうざん)、本尊釈迦如来[1]

安住寺
所在地 岐阜県恵那市明智町杉野1060
位置 北緯35度19分22.5秒
東経137度24分03.2秒
座標: 北緯35度19分22.5秒 東経137度24分03.2秒
山号 久昌山
宗派 臨済宗妙心寺派
本尊 釈迦如来
創建年 大永5年(1525年)
開基 遠山景行
正式名 久昌山 安住寺
札所等 恵那三十三観音霊場・第19番
法人番号 4200005009459 ウィキデータを編集
安住寺 (恵那市)の位置(岐阜県内)
安住寺 (恵那市)
テンプレートを表示

歴史編集

大永5年(1525年)、明知城の城主であった遠山景行によって創建された[1][2]開山本如実性とされるが[2]三河国三玄寺を開山した柏庭と言う僧とする説もある[1]。寺の敷地にある墓域には遠山景行とその妻の墓所があって、景行が上村合戦に敗れて自害したのち、密かに運ばれた首級がここに埋葬されたと伝えられており、頭部の疾患に霊験があるとされる[1]

近代編集

明治元年(1868年)、火災により全山を焼失した後に再建された[1]。景行の墓は1975年(昭和50年)12月1日に旧明智町の文化財に指定され、2004年(平成16年)の恵那市への合併に伴い恵那市指定文化財となっている[3]

1985年(昭和60年)に復興された恵那三十三観音霊場では19番札所となっており、聖観世音菩薩を祀る[2]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 全国寺院名鑑(1969)、岐阜県-36
  2. ^ a b c 恵那三十三観音霊場めぐり”. 恵那市観光協会. 2018年12月24日閲覧。
  3. ^ 恵那市文化財マップ (PDF)”. 恵那市 (2018年8月23日). 2018年12月24日閲覧。

参考文献編集

  • 『全国寺院名鑑』 全日本仏教寺院名鑑刊行会、1969年

関連項目編集