メインメニューを開く

安八万王(あはちまおう/あはちまのおおきみ、生年不詳 - 養老3年1月16日719年2月9日))は、奈良時代皇族。系譜は明らかでないが、太政大臣高市皇子の子か。官位正四位下治部卿

経歴編集

慶雲2年(705年)二世王として蔭位を受けて従四位下に直叙され、和銅元年(708年治部卿に任ぜられる。

和銅6年(713年従四位上霊亀3年(717年正四位下元明朝から元正朝にかけて、天武天皇後裔の二世王としては長屋王に次いで順調に昇進を果たす。しかし、養老3年(719年)1月16日卒去。最終位階は正四位下。

官歴編集

続日本紀』による。

参考文献編集