安原貞室

1610-1673, 江戸時代前期の俳人で、貞門七俳人の一人

安原 貞室(やすはら ていしつ:1610年慶長15年) - 1673年3月25日延宝元年2月7日))は、江戸時代前期の俳人で、貞門七俳人の一人。名は正明(まさあきら)、通称は鎰屋(かぎや)彦左衛門、別号は腐俳子(ふはいし)・一嚢軒(いちのうけん)[1]京都の紙商。

生涯編集

1625年(寛永2年)、松永貞徳に師事して俳諧を学び、42歳で点業を許された。貞門派では松江重頼と双璧をなす。貞室の「俳諧之註」を重頼が非難したが、重頼の「毛吹草」を貞室が「氷室守」で論破している[2]。自分だけが貞門の正統派でその後継者であると主張するなど、同門、他門としばしば衝突した[3]。門下としては榎並貞因など。

作風は、貞門派の域を出たものもあり[4]蕉門から高い評価を受けている。句集は「玉海集」。

脚注編集

  1. ^ 竹内玄玄一『俳家奇人談・続俳家奇人談』岩波文庫、1987年、39p。
  2. ^ 沼波武夫『俳論史』菁莪堂書店、1914年、19p。
  3. ^ ドナルド・キーン『日本文学史 近世篇一』中公文庫、2011年、70p。
  4. ^ ドナルド・キーン『日本文学史 近世篇一』中公文庫、2011年、73p。