メインメニューを開く

安場保吉

安場 保吉(やすば やすきち、1930年5月21日 - 2005年4月13日)は、日本経済学者大阪大学名誉教授。専門は経済発展論比較経済史Ph.D.ジョンズ・ホプキンズ大学)(1961年)。東京都出身。父は元山陽パルプ副社長の安場保国、父方の曾祖父は安場保和後藤新平の岳父)、母方の祖父は満州国最高法院長の井野英一(元農林大臣拓務大臣法務大臣井野碩哉の兄)。従弟は村田経和

安場 保吉
生誕 (1930-05-21) 1930年5月21日
死没 (2005-04-13) 2005年4月13日(74歳没)
研究分野 経済発展論
母校 東京大学教養学部
ジョンズ・ホプキンズ大学 (Ph.D)
受賞 正四位瑞宝中綬章
テンプレートを表示

目次

略歴編集

著書編集

単著編集

  • 『経済学全集(12)経済成長論』(筑摩書房、1980年)
  • 『東南アジアの経済発展――経済学者の証言』(ミネルヴァ書房、2002年)

編著編集

  • 『東南アジア社会経済発展論――30年の進歩と今後の課題』(勁草書房、2005年)
  • 『安場保和伝 1835-99――豪傑・無私の政治家』(藤原書店、2006年)

共編著編集

訳書編集

  • リチャード・T・ギル『経済発展論』(東洋経済新報社、1965年)
  • フリッツ・マッハルプ『経済学と意味論』(日本経済新聞社、1982年)
  • ジェフリー・G・ウィリアムソン『不平等、貧困と歴史』(ミネルヴァ書房、2003年)

関連項目編集