メインメニューを開く

経歴編集

福島県磐城郡山田村に生まれる。明治30年(1897年)、磐城郡大地主郡議会議員に、明治32年(1899年)、28歳にて福島県議会議員に当選する。県議会にあっては土木常設委員を務め、二期目当選以後は福島県参事会員、山田村長、日本赤十字社特別社員、地方森林会議員を歴任し、明治37年(1904年)、33歳で衆議院議員に当選するという。院内では請願委員会委員懲罰委員会委員、決算委員会委員に推され、少荘敏腕家として名を馳せるという。

日露戦争では満州の戦地を視察し、その模様を詳報するとともに戦地に絶大な支援を行ったとされる。戦後、その功績を賞され叙勲の栄誉に浴し、勲四等旭日小綬章に叙せられる。その後、宅地賃貸価格調査委員会委員、営業課税審査委員会委員を経て、明治44年(1911年)、山田村長に当選するという。

勿来軌道株式会社専務取締役、桜無煙炭坑株式会社常務取締役、株式会社磐城銀行相談役、株式会社磐東銀行相談役、磐城物産株式会社監督等の役職を兼ねて、 政界引退後は福島県の実業界に覇権を確立し、浜街道第一の重鎮と目されるという。

大正元年(1912年)、明治天皇崩御に際して大葬に参列し幄舎内で霊柩を拝するという。

妻・トシ子は愛国婦人会磐城郡幹事として尽力し、明治38年(1905年)、同会より表彰され愛国婦人会三等有功章を受章、44年に再びされ二等有功章を受章するという[3]

脚注編集

  1. ^ 衆議院『第二十三回帝国議会衆議院議員名簿』(第二十三回議会開会前増補訂正)〔1906年〕、16頁。
  2. ^ 参考文献『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』1頁。
  3. ^ 時事通信社『福島県人名辞典』(時事通信社、1914年)34~35頁、福島県編『福島県史第22巻』(福島県、1972年)3頁参照。

参照文献編集

  • 時事通信社編『福島県人名辞典』時事通信社、1914年。
  • 福島県編『福島県史第22巻』福島県、1972年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。

関連項目編集