メインメニューを開く

安川加壽子

安川 加壽子(やすかわ かずこ、1922年2月24日 - 1996年7月12日)は、1940年代から活躍した日本ピアニスト。旧姓、草間。独身時代は草間 加壽子(くさま かずこ)として活動していた[1]

安川 加壽子
生誕 (1922-02-24) 1922年2月24日
出身地 日本の旗 日本兵庫県武庫郡
死没 (1996-07-12) 1996年7月12日(74歳没)
学歴 パリ国立高等音楽院
ジャンル クラシック音楽
職業 ピアニスト
担当楽器 ピアノ

兵庫県武庫郡深江(現・兵庫県神戸市東灘区深江)生まれ[2]。父、草間志亨は国際連盟事務局などに勤めた外交官、母は世良[3]。1923年からパリで育ち[4]、当時のフランスで最も新しい流儀を身に付け、帰国後は日本の楽壇の中心人物として演奏活動、教育活動を行った。

目次

略歴編集

受賞歴編集

審査員歴編集

役職歴編集

教育版編集

戦後、ドビュッシーの楽譜の輸入版が高価すぎることや、フランス直伝の教えを受けられない人々のために、ドビュッシーピアノ独奏作品全集を分冊の形で音楽之友社から出版した。運指やペダリングは独自のものが書かれており、現在でも使えると主張するピアニスト[誰?]も少なくない。安川の没後に欠番であった連弾2台ピアノのための曲集も出版された。

評伝編集

門弟の青柳いづみこが、『翼の生えた指 評伝安川加壽子』(白水社、1999年(第9回吉田秀和賞受賞)/白水Uブックス、2008年)を著している。

脚注編集

  1. ^ 青柳いづみこ『翼の生えた指 評伝安川加壽子』、p.98(白水社、1999年)
  2. ^ 青柳、p.45
  3. ^ 青柳、p.45-46
  4. ^ a b 青柳、p.46
  5. ^ 青柳、p.99
  6. ^ 『朝日新聞』1975年4月8日(東京本社発行)朝刊、18頁。