安帝(あんてい)は、東晋の第10代皇帝孝武帝の長男。諱は徳宗、字は徳宗。重度の知的障害によりその治世においては国政を執り行う事ができず、臣下たちの権力闘争を許し、安帝自身も翻弄され続けた末に、最後はのちの南朝宋の武帝劉裕の手に掛かって暗殺された。

安帝 司馬徳宗
東晋
第10代皇帝
王朝 東晋
在位期間 太元21年9月21日 - 元興2年12月3日
396年11月7日 - 404年1月1日
元興3年5月26日 - 義熙14年12月17日404年6月19日 - 419年1月28日
姓・諱 司馬徳宗
徳宗
諡号 安皇帝
生年 太元7年(382年
没年 義熙14年12月17日
419年1月28日
孝武帝
陳淑媛
后妃 王皇后
陵墓 休平陵
年号 隆安 : 397年 - 401年
元興 : 402年 - 404年
大亨 : 402年
義熙 : 405年 - 418年

生涯編集

一切の意思表示ができないという重度の知能障害児であったが、太元21年(396年)に父の孝武帝司馬曜が殺された後、皇帝として擁立された。安帝自身は政治を行なえず、最初は叔父の司馬道子とその子の司馬元顕による専横、399年には孫恩の乱が勃発、元興元年(402年)に司馬道子父子が桓玄の反乱で殺され、翌元興2年(403年)には桓玄に禅譲を迫られて帝位を追われ、平固王に降格されて身柄を連れ去られるという有様であった。翌永始2年(404年)に劉裕らの挙兵によって「皇帝」・桓玄が殺され復位するも、その直後に桓楚の残党をまとめた桓振によってまたも身柄を連れ去れる事態となった。桓振の敗死によりようやく再び朝廷に戻る事ができたが、今度は桓楚の打倒に際し功を挙げた劉裕らの専横を許すことになった。そして最終的に劉毅諸葛長民司馬休之ら反桓玄の挙兵の同志をことごとく打倒した劉裕によって、義熙14年12月(419年1月)に宮中の東堂で暗殺された。齢37。子はいなかったという。

弟の司馬徳文(恭帝)が劉裕に擁立された。

関連項目編集