安弘見神社

岐阜県中津川市にある神社

安弘見神社(あびろみじんじゃ)は、岐阜県中津川市蛭川(旧蛭川村)にある神社。旧社格は村社。毎年4月に行われる例祭では、杵振り踊りが奉納される。

安弘見神社
所在地 岐阜県中津川市蛭川中切1033-1
位置 北緯35度31分57.4秒 東経137度22分25.9秒 / 北緯35.532611度 東経137.373861度 / 35.532611; 137.373861 (安弘見神社)座標: 北緯35度31分57.4秒 東経137度22分25.9秒 / 北緯35.532611度 東経137.373861度 / 35.532611; 137.373861 (安弘見神社)
主祭神 素戔男尊
社格村社
創建 不詳
本殿の様式 一間社神明造
別名 牛頭天王社(旧称)
例祭 例祭(杵振り踊り
地図
安弘見神社の位置(岐阜県内)
安弘見神社
安弘見神社
テンプレートを表示

祭神編集

主祭神
配祀神

歴史編集

創建時期は不明であるが、元々は奥野田に勧請されたのが始まりと伝えられ、正長元年(1428年)、尹良親王と伴に蛭川へ逃れて来て定住した南朝方の重臣和田政忠の子孫である和田政通の十回忌の際、現在地に遷座され和田一族の御霊が合祀されたという。その後、慶長19年12月に蛭川村の初代庄屋の井口又左衛門を願主として、八龍権現と記された棟札が残っている。

明治維新までは神仏習合により、建速須佐之男命のことを仏名では牛頭天王と称していたため、牛頭天王社と称していたが、明治2年(1869年)に施行された神仏分離令の際に、神社名を安弘見神社と改めた。安弘見とは岐阜県笠置山の周辺の地名である安弘見郷に拠ったものである。

境内編集

この神社の境内には瑠璃光堂があり、本尊は薬師如来であった。今に伝わる杵振り踊りは、ここに奉納されていたと言われている。この薬師如来がいつから祀られていたかは、明治初期の廃仏毀釈の際に記録が失われて現在では不明となっている。蛭川村の南朝伝説によると、宗良親王の御子尹良親王が、この地で崩御されたが、その重臣達が舞を伝え、後に杵振り踊りになったとも言われている。

文化財編集

 
杵振り踊り
  • 蛭川の杵振踊(岐阜県指定重要無形民俗文化財)[1]

現地情報編集

所在地
交通アクセス

脚注編集

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 蛭川の杵振踊”. 岐阜県. 2013年4月20日閲覧。

外部リンク編集