メインメニューを開く

安斎 隆(あんざい たかし、1941年1月17日 - )は、日本中央銀行家実業家日本銀行考査局長や、日本銀行理事日本長期信用銀行頭取を経て、セブン銀行初代社長として、コンビニATM手数料収入を収益の中心とする新しい銀行ビジネスモデルを確立させた。

人物・経歴編集

福島県安達郡上川崎村(現二本松市安達町)で農家の二男として生まれる。上川崎村立上川崎小学校、上川崎村立上川崎中学校、福島県立安達高等学校を経て、1963年東北大学法学部卒業、日本銀行入行。香港駐在、新潟支店長考査役総務局次長、電算情報局長経営管理局長、考査局長を経て、1994年から決済システム、アジア担当理事を務め、東アジア・オセアニア中央銀行役員会議(EMEAP)メンバーとしてアジア通貨危機への対応などにあたった。1998年信用機構担当理事。同年から日本長期信用銀行頭取として、同行の破綻処理を行ったのち、2001年アイワイバンク銀行(のちのセブン銀行)を設立し、以降同社初代社長として[1]コンビニATM手数料を収益の柱とする銀行の新しいビジネスモデルを確立し、過去最高益となった2010年にセブン銀行代表取締役会長に退いた[2][3]。2018年セブン銀行特別顧問。同年学校法人東洋大学理事長[4]

脚注編集


先代:
鈴木恒男
日本長期信用銀行(のちの新生銀行)頭取
1998年 - 2000年
次代:
八城政基
先代:
(初代)
セブン銀行(旧アイワイバンク銀行)社長
2001年 - 2010年
次代:
二子石謙輔
先代:
福川伸次
東洋大学理事長
2018年 -
次代:
(現職)