メインメニューを開く
長野県安曇郡の範囲

安曇郡現代仮名遣い:あずみぐん、歴史的仮名遣い:あづみぐん)は、長野県信濃国)にあった

目次

郡域編集

現在の下記の区域にあたるが、行政区画として画定されたものではない。

歴史編集

もとは「あづみごおり/あづみのこおり」と読まれ、表記も阿曇郡(阿曇評)であり、好字制により安曇郡と書くようになった。

5世紀ごろに安曇族が定住し、律令制のもとで信濃国安曇郡が成立した。郡衙の位置は未詳であるが、安曇野市明科中川手の明科廃寺址が有力視されている。

二十巻本の和名類聚抄(巻5・17)には、安曇に対して万葉仮名で「阿都之(あつし)」と訓が記載されており、高家(たきべ)郷、八原(やはら)郷、前科郷[1]、村上(むらかみ)郷の四郷からなる(同・巻7・7)と書かれている。一方、延喜式(巻10)では安曇に対し、「あつみ」と訓が付されている。

院政時代の荘園として、住吉荘(長講堂領)、大穴荘(歓喜光院領)、仁科荘(室町院領)、千国荘(六条院領)、野原(矢原)荘(蓮華王院領)、前見荘(知行主不明)、矢原御厨・仁科御厨(伊勢神宮領)、多々利牧・猪鹿牧(左馬寮領)が見える。

近世以降の沿革編集

所属町村の変遷は南安曇郡#郡発足までの沿革北安曇郡#郡発足までの沿革をそれぞれ参照

脚注編集

  1. ^ 高山寺本による表記。江戸時代初期の活字版では「前社」となっているが、天平寶字8年(764年)の正倉院古裂銘文にも「前科」とあることから前科が正しいと考えられている。訓が付されていないが、「さきしな」と読まれている。

参考文献編集

関連項目編集

先代:
-----
行政区の変遷
- 1879年
次代:
南安曇郡北安曇郡