安曇野市有明荘

長野県安曇野市にある国民宿舎
画像提供依頼:建物の画像提供をお願いします。2018年4月

安曇野市有明荘(あづみのし ありあけそう)は、長野県安曇野市にある国民宿舎温泉宿であるが日帰り入浴も可[4]中部山岳国立公園[2]国民保養温泉地[6]

安曇野市有明荘[1]
ホテル概要
運営 燕山荘指定管理者[2]
所有者 安曇野市[1]
前身 村営有明温泉
穂高町国民宿舎有明荘[3]
階数 1 - 2[4]
部屋数 24[4]
駐車場 普通車25[5]
開業 1951年[3]
改装 1960年[3]
最寄駅 穂高駅[5]
最寄IC 安曇野インターチェンジ[5]
所在地 〒399-8301
長野県安曇野市穂高有明中房国有林[5]
位置 北緯36度23分14.79秒
東経137度44分59.98秒
座標: 北緯36度23分14.79秒 東経137度44分59.98秒
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示
Hot springs 001.svg有明温泉
温泉情報
泉質 単純温泉[4]
泉温(摂氏 65[3]
液性の分類 アルカリ性[4]
特記事項 中部山岳国立公園[2]
国民保養温泉地[6]
穂高温泉も参照
テンプレートを表示

目次

施設編集

当施設は安曇野市が「安曇野市観光宿泊施設条例」に基づき設置する「安曇野市観光宿泊施設」のひとつで[1][注 1]、現在は指定管理者制度により株式会社燕山荘指定管理者の指定を受け管理・運営に当たっている。営業は4月 - 11月まで[2]

中部山岳国立公園内、標高1,380メートル中房渓谷にあり、飛騨山脈(北アルプス)燕岳登山口の手前700メートルという場所に立地している[2]建物鉄筋2階建て。客室は24室で、すべて和室。収容人数は73人である。館内には有明温泉の大浴場のほか、食堂売店、休憩のためのスペースが用意されている。食事は山菜イワナ馬刺しわさび漬けといった地元の特産品を用いた料理が提供される[4]

歴史編集

1949年昭和24年)、秘湯中房温泉の下流300メートルほどの場所で源泉を発見。これを元に1950年(昭和25年)11月に着工、1951年(昭和26年)に開業したのが、現在の有明荘の前身「村営有明温泉」である。当時の南安曇郡有明村の厚生施設(保養所)という位置づけであったが、村民だけでなく登山や湯治で村外から訪れる客も多かったという。食事は自炊が基本で、依頼があれば炊き出しを行っていた[3]1954年(昭和29年)、昭和の大合併により穂高町が誕生[7]1960年(昭和35年)、厚生年金還元融資を受け建物を新築し、「穂高町営国民宿舎有明荘」となった[3]2005年平成17年)10月1日平成の大合併により安曇野市が誕生[8]2008年(平成20年)度からは燕山荘が指定管理者として運営を開始した[2]

温泉編集

当施設の温泉「有明温泉」の泉質は下記の通り[注 2]

男湯・女湯それぞれに大浴場・露天風呂を設置しているほか、家族風呂も有する[4]

当地の温泉はふもとの穂高温泉まで引湯され、ホテル旅館、温泉付きの別荘などで広く利用されている[10]。有明・穂高温泉は、1980年(昭和55年)3月27日付けで国民保養温泉地に指定された[6]

交通アクセス編集

「中房温泉郷」呼称問題編集

 
中房温泉

有明荘では1985年(昭和60年)頃から「中房温泉郷」と銘打った観光PRを行っていたが、2004年平成16年)に「中房温泉」の名称を商標登録した中房温泉旅館が有明荘を所有する穂高町→安曇野市を相手に訴えを起こし、「中房温泉郷」の使用を取り止めることで和解した経緯がある[11]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 安曇野市が「安曇野市観光宿泊施設条例」に基づき設置する「安曇野市観光宿泊施設」としては、有明荘のほかに安曇野市長峰荘(安曇野市明科中川手14番地2)がある[1]
  2. ^ 『穂高町誌』には有明温泉の泉質について、中房温泉にある源泉のひとつ「大弾正の湯」とほぼ同じであると記載されているが[3]、中房温泉は公式ウェブサイトにおいて大弾正の湯を用いた「月見の湯」の泉質を「単純硫黄泉(アルカリ性低張性高温泉)」(引用)と記載している[9]

出典編集

  1. ^ a b c d 安曇野市観光宿泊施設条例”. 安曇野市 (2014年3月28日). 2018年4月10日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 有明荘”. 燕山荘. 2018年4月10日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h 『穂高町誌 第三巻(歴史編 下)』625ページ
  4. ^ a b c d e f g h i 有明荘”. 国民宿舎協会. 2018年4月10日閲覧。
  5. ^ a b c d e f 有明荘”. 長野県観光機構. 2018年4月10日閲覧。
  6. ^ a b c 国民保養温泉地一覧(道府県別)”. 環境省 (2016年5月20日). 2018年4月10日閲覧。
  7. ^ 『角川日本地名大辞典 20 長野県』114ページ。
  8. ^ 市の概要”. 安曇野市 (2015年12月28日). 2018年4月21日閲覧。
  9. ^ 月見の湯”. 中房温泉. 2018年4月10日閲覧。
  10. ^ 温泉供給の仕組み”. 穂高温泉供給. 2018年4月10日閲覧。
  11. ^ 中房温泉の商標登録について”. 中房温泉. 2018年4月10日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集