安東金氏

ウィキメディアの曖昧さ回避ページ

安東金氏(アンドンキムし、あんとうきんし、朝鮮語: 안동김씨)は、朝鮮の氏族の一つ。本貫安東とする。新羅王族の金叔承김숙승)を始祖とする家系(旧安東金氏)と、高麗建国の功臣である金宣平김선평)を始祖とする家系(新安東金氏)がある。李氏朝鮮後期に勢威を振るった安東金氏は後者にあたる。

安東金氏
各種表記
ハングル 안동 김씨
漢字 安東 金氏
発音 アンドン キムシ
日本語読み: あんとうきんし
英語表記: Andong Kim clan
テンプレートを表示

旧安東金氏編集

旧安東金氏
 
朝鮮
領地 安東市
家祖 金叔承
著名な人物 金方慶金悌甲金時敏金自点金九
안동김씨대종회

新羅の敬順王の第4王子・大安君金殷説の子・金叔承を始祖とする。金叔承は高麗に仕えた。この家系からは高麗の将軍・金方慶が出ている。独立運動家の金九もこの家系に属するという。

行列字編集

○世孫 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36
行列字[1] 원(源) 영(榮) 묵(默) 재(在) 회(會) 태(泰) 식(植) 용(容) 교(敎) 종(鍾) 우(雨) 병(秉) 희(熙) 기(基) 현(鉉) 수(洙)

新安東金氏編集

新安東金氏
朝鮮
領地 安東市
家祖 金宣平
著名な人物 純元王后孝顕王后哲仁王后金尚憲金サッカ金炳始金玉均金佐鎮金斗漢金守漢
안동김씨대종중

始祖・金宣平は、新羅末期の古昌郡(安東)の有力者であった。新羅末期の後三国時代の争いに際して王建(高麗の太祖)に味方し、後百済甄萱との瓶山の戦いで功績を挙げた。高麗建国後、開国功臣とされた。

李氏朝鮮後期、金祖淳朝鮮語版の娘が純祖の后純元王后となった。純祖の摂政を務めていた貞純王后の死去以降、安東金氏は憲宗哲宗に王妃を送り、およそ60年間にわたり外戚として勢威を振るった(勢道政治)。朝鮮末期の政治家である金玉均もその一族である。

行列字編集

○世孫 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33
行列字[2] 순(淳) 근(根) 병(炳) 규(圭) 진(鎭) 한(漢) 동(東) 현(顯) 년(年) 일(鎰) 구(求) 모(模)
○世孫 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45
行列字[2] 연(然) 배(培) 선(銑) 원(源) 영(榮) 사(思) 준(埈) 선(善) 택(澤) 식(植) 환(煥) 철(喆)

集姓村編集

脚注編集

  1. ^ 김씨(金氏) 본관(本貫) 안동(安東)-구(舊)입니다.”. www.findroot.co.kr. 2022年7月26日閲覧。
  2. ^ a b c 김씨(金氏) 본관(本貫) 안동(安東)-신(新)입니다.”. www.findroot.co.kr. 2022年7月26日閲覧。