安済橋(あんさいきょう、Ānjì Qiáo、Anji Bridge)は、中華人民共和国河北省趙県にある隋朝595年-605年頃に架橋された石造アーチ橋趙州橋大石橋などの別名で知られる中国現存最古の橋で、730年の間、アーチの長さは世界一だった[1]

安済橋

概説編集

 
架橋理論の概要

全長50.82m、李春の設計施工による。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 世界大百科事典 第2版の解説”. コトバンク. 2018年2月25日閲覧。

参考文献編集

  • 林徽因「祖国の建築伝統と当面の建設問題」
  • 社団法人建設コンサルタンツ協会Consultant編集部『土木遺産アジア編』ダイヤモンド社

関連項目編集

北緯37度43分12.6秒 東経114度45分47.7秒 / 北緯37.720167度 東経114.763250度 / 37.720167; 114.763250座標: 北緯37度43分12.6秒 東経114度45分47.7秒 / 北緯37.720167度 東経114.763250度 / 37.720167; 114.763250