メインメニューを開く

安田 匡裕(やすだ まさひろ、1943年11月14日 - 2009年3月8日)は、日本映画CMプロデューサーディレクター兵庫県香住町出身。

やすだ まさひろ
安田 匡裕
生年月日 (1943-11-14) 1943年11月14日
没年月日 (2009-03-08) 2009年3月8日(65歳没)
出生地 日本の旗 日本兵庫県香住町
国籍 日本
職業 映画プロデューサー
主な作品

映画
東京上空いらっしゃいませ
お引越し
夏の庭 The Friends
ワンダフルライフ
蛇イチゴ
誰も知らない
ゆれる
歩いても 歩いても
ディア・ドクター

空気人形
テンプレートを表示

経歴編集

明治大学卒業後に電通映画社に入社、ディレクターとして多くのテレビコマーシャルの企画・演出に携わる。(レナウン「シンプルライフ」高倉健出演他)

同社退社後、CFプロデューサー檀太郎1984年に株式会社スケールを設立する。

1987年にテレビコマーシャルの制作を中心とする制作プロダクション、株式会社エンジンフイルムを設立する。

設立後、現役の演出家としてテレビコマーシャルの制作に関わる一方で、映画のプロデュースにも意欲を示し、親交のあった相米慎二監督の『東京上空いらっしゃいませ』で初の企画、プロデュースを果たす。

以降、相米監督作品『お引越し』、『夏の庭 The Friends』をプロデュースし、映画の製作に本格的に携わりだす。

1999年には是枝裕和監督作品『ワンダフルライフ』をプロデュースし、続いて『誰も知らない』、『歩いても 歩いても』など、『空気人形』に至るまでの是枝監督作品の企画・製作者として欠かせない存在となる。

また、西川美和監督のデビュー作『蛇イチゴ』をプロデュース、以後『ゆれる』、『ディア・ドクター』を企画・製作し、映画監督としての西川監督の成長を支援する。

これまで企画・製作で関わった映画は24作品。 なお2009年、『歩いても 歩いても』の製作に対し、第28回藤本賞特別賞を、『ディア・ドクター』企画に対し、日本映画製作者協会 (協同組合)主催の新藤兼人賞SARVH賞2009(年間最優秀プロデューサー賞)を受賞する。

2009年3月に脳梗塞による急性心筋梗塞のため死去(享年65)。

人物編集

  • 師匠にはテレビCFの青春時代を築いたディレクターである松尾真吾レナウン「イエイエ」他)。
  • 松尾氏のCFに込められた「いつもよい日は明日」とのメッセージの影響は、後年映画製作に携わった時の「ラストは希望」という企画の信念に通底している。

受賞編集

歩いても 歩いても

ディア・ドクター

作品編集

映画編集

外部リンク編集